デスクトップアーミー メガミデバイス 朱羅シリーズ(桜鬼、蒼衣)の感想

デスクトップアーミー メガミデバイス 朱羅シリーズ(桜鬼、蒼衣)

ボスからデスクトップアーミー 桜鬼をいただきました。
何かくれるならスケールモデルかリーバイスのトラッカージャケットなんかが良かったのですが。
まあ、折角いただいたので久々のブログのネタにでもしようと思います。

いただいた製品の正式名称は「デスクトップアーミー メガミデバイス 朱羅シリーズ(桜鬼、蒼衣)」だったと思います。
詳細は画像を見てね。 

桜鬼と云えば数年前に製作したキャラクタープラモデル。
コトブキヤ特有の売り方で過去の商品パーツを組み合わせてカラーリングを替えて別ネームで売りに出すセールスモデルがありますが、桜鬼もその一種。
似たようなもので、弓兵や朱雀とか九尾などもある。

このシリーズは確か現役で模型製作の作業していたころ、最も多く作らさせられたキャラクター。
製作代行でも10体近く作っている。
国内ではガンプラに次いで人気だったと思う。
まあ、この手のキャラクターものは西欧州では拒絶される。
その辺の事情は現代日本人には理解できないと思うので理由は省く。

デスクトップアーミー メガミデバイス 朱羅シリーズ(桜鬼、蒼衣)
モノクロカラーのBOX横にはメガミデバイス桜鬼と忍者の箱絵。

今回はメガハウスというメーカーが発売しているデスクトップアーミーというシリーズ商品。
これはコトブキヤのプラモデルではない。

デスクトップアーミー メガミデバイス 朱羅シリーズ(桜鬼、蒼衣)
メガミデバイス 桜鬼(おうき)

中身は確かにメガミデバイスを小さくした感じでクオリティが高い。
そのまま塗装しないで組み立ててもご覧の通り。
信じられないクオリティ。
勿論塗装した方がクォリティは上がるが、このレベルで大量生産できることは凄いと思う。
一部セコイ商法をすると云われるメガハウスだが、私はこの商品に限っては満足している。
それほどクォリティが高かった。

ケチをつけるなら、一部差し込みパーツのクリアランス調整が取れていなくて難儀した。
まあ、この手の商品を買うのはモデラーが大半なので余裕で対処できるだろう。
特に注意するべきは、首に取り付けるマフラーの様なアイテム。
このパーツはリング状で細くて折れやすい。
首に差し込むのだが、恐らく個体差で折れる可能性があるぞこれは。
対策として素体側をデザインナイフで研磨して対処するのがいい。
何年も前から云っていることだが、この手のプラモデルはクリアランス調整は確りやっておこう。

パーツの外れやすさに関しては個体差で見られたものの、私には許容範囲で不意に外れたりすることはなかった。
あと、ディスプレイベースがもう少しだけ使い易ければよかった。
だがそれも自作か社外品でカバーできる範囲だろう。

これほど素材が良いと活かせる技術を使わないのは勿体ない。
何れ暇をみつけて塗装して仕上げたいと思う。

敗戦後、資本主義が日本を悪くしてきたことは理解しているが、ここまで良い物だと他も集めたいとも思ってしまう。
危ない。この世は誘惑と罠が沢山だ。
日常、常に試されていることを忘れるな。
人はどう生きているかが重要なのだ。

デスクトップアーミーは数年前YouTubeの視聴者の人から「完成度が低いので手を出さない方が良い」とアドバイスをいただいた。
だが、年月が経ちメーカーも改善を重ねたらしく、私には完成度の高い玩具だと思えた。
まあ、現状ならフレームアームズ・ガールやメガミデバイスが好きな人たちなら受け入れられるだろう。
こういうのに抵抗がなければチャレンジしてみてはどうだろうか。

デスクトップアーミー メガミデバイス 朱羅シリーズ(桜鬼、蒼衣)

この仕事をしていた当時、欧州諸国への輸入代行として欧州諸国の文化を見てきた私。
日本の同業者達には、「反日で欧州よりな感覚の人」という目で見られていたことだろう。
私の事を日本嫌いな人と思われている方が多いだろうが、私は日本の一部の悪い風潮や性質に拒絶反応しているだけだ。
特に小児性愛とか同調圧力なんかは心底嫌気がさしている。
ただ、日本の四季等の美しい自然なんかは愛している。
それに日本のキャラクターは純粋に世界トップ基準で可愛いと思っているぞ。

フレームアーム・ガール イノセンティアを治す part.1

イノセンティア

妻が2年前に作ったフレームアームガールのイノセンティア
なんか髪パーツが根元から折れていて飾られていたので手直しすることにしました。

イノセンティア
キットを未塗装の状態で組み上げられている。
これでも十分可愛いと思うのだが、この機会に合わせ目消して塗装もしてみようと思う。
ブランクが2年もあるが、スケールモデルで鍛えたので技術は落ちていない筈。
特にエアブラシのコントロールが鍛えられた。
スポンジやすり
パテ硬化後に念のため、クレオスの溶きパテを使い筆塗りして表面の微妙な隙間を埋める。
1日置いてパテの硬化を確認したら、愛用しているのは鉄ヤスリ「魚地球印の細目」でパテを大まかに削る。
削ったら仕上げでスポンジヤスリで#600→#1000程度で仕上げる。
スポンジヤスリを掛けるときのコツは、指の腹でヤスリ掛けしない事だと思います。
大雑把な表現ですが、スポンジヤスリを持ったらパーツに接触するスポンジの力だけで擦り付けるような感じです。
私は指の腹では擦りません。
時間は掛かりますが、確実に元のプラスチック表面を削らなくて済みます。

これを出来ているプロを日本国内で見たことがありません。
故に国内では聞き慣れないテクニックですが、欧州モデラー達の間ではとても聞き慣れたノウハウです。
スケールモデルはキャラクターモデルに比べてプラが薄くて柔らかいものが多いので、プラモデルの本場の欧州では工作技術が優れています。
是非試してみてください。

次回は塗装編でも書いてみようと思います。

1/10 DT-03 アクロショット

タミヤ 110 RC アクロショット DT-03T DT-03

このラジコンは以前記事に書いたかもしれないが、その時よりちょっとだけ詳しく今回は書きます。

貿易商並びプロモデラーとして活躍していたころ、作ったラジコン。
2年ほど前なのだが、今となってはとても懐かしい想い出だ。
このラジコンを作った用途は、仕事の合間に事務所の庭でボスと遊ぶため。

ベースはタミヤ模型のDT-03 アクロショット。
ブラシレスモータ^など搭載してオーバースペックにしてドリフトしてました。
庭は広い方だけれど、アクセル全開したら数秒で外壁の目隠しフェンスに突っ込むという。
近所の子供にも注目を浴びる贅沢な息抜き玩具です。

シャーシ
DT-03
GFURCE モーター
モーターは10.5T。
庭の敷地内走行で10.5Tは正直キチガイだ。

今はプレミア価格になったキット。
こんなことならスペアボディ分を買っておけばよかった。

メガミデバイス ランサーが完成

メガミデバイス ランサー

メガミデバイス ランサー完成しました。

今回はファンの方から提供されたキットを使わせていただきました。

何時も通りですが、制作ポイントは素体の髪と肌に力を入れて制作しました。

基本工作は、ヒケ処理とクリアランス調整を中心にオーソドックスに仕上げました。

髪の脱着ギミックや間接とか、ちょっと改造もしてます。

髪のグラデーションは、今までプライベートで作った中で一番うまく塗装できたと思います。

顔は妻にリペイントしてもらいました。

実はフルリペイントしましたが、そちらの方はYouTubeの視聴者プレゼントに出してしまったので、化粧と追加アイペイントのものにしてます。

メーカー案件や製作代行でないとプレッシャーがないので、制作が楽でした。

メガミデバイス ランサー 塗装
私は高級ホステスよ

以下が今回のランサーを制作した上でのポイントです。

  • 髪 ブリリアントピンクを中間色にグラデーション塗装しました。
  • 肌 美白ホワイトの肌は、ガイアのホワイトフレッシュでハイライトを入れています。
  • 装甲 落ち着いた真珠のような「しっとりとした質感」は、ガラスパールに艶消しを吹きました。
  • 武器の槍 合わせ目を消して細かい塗分けを行いました。
美白感?をどの角度からでも出せるよう塗装しました。

Twitterでも書きましたが、今回制作したランサー子は、感謝の印として返礼品として提供元へ旅立ちます。

この作品でキャラクターモデルは一旦卒業。

仕事の活動内容に合わせて、今後はブログでのプラモデルの制作や作例記事はスケールモデルがメインとなります。

ただ、妻と一緒にできるのはキャラクターモデルなので、個人の趣味でキットを買って作ったりするとは思います。

その際はブログのネタにでもなればと思います。

九州も最近寒くなってきて、前に旅行したハワイが忘れられない。

年末は家族でハワイにでも行って、のんびり過ごしたいと思っています。

メガミデバイス ランサー制作途中報告2

メガミデバイス ランサー

メガミデバイス バレットナイツ ランサーの制作途中報告2です。

動画も撮っているのですが、事情で編集できないのでランサー子の完成報告はTwitterと当ブログになるかも。

動画を出すならば、バレットナイツ ランチャーと並べてお立ち台で回したり比較する動画を誰かに出してもらう形になると思います。

メガミデバイスシリーズは、両脚の合わせ目消しが大変

メガミデバイスシリーズは毎回ですが、両脚の太ももの裏などを接着剤とパテで合わせ目を消しました。

今回のランサーも当然のように改修ポイントなので、確実に消しておきます。

BULLET KNIGHTS ランサーの脚の合わせ目消し
メガミデバイスは、この部分の合わせ目消しが高難易度。
BULLET KNIGHTS ランサー サフチェック
サフと修正を繰り返し少しづつ仕上げていく。

今回のキットは、ヒケが凄かったのでサフチェックで何度か引っ掛かりました。

BULLET KNIGHTS ランサー 塗装
サフチェックだけでこれだけある。
BULLET KNIGHTS ランサー 塗装
このくらい消せば満足。
BULLET KNIGHTS ランサー 塗装
塗装後も磨いてこの後に埃と汚れを落として、最後にクリアコートしてキレイにします。

ランサーの肌塗装

ランサーの肌の塗装。

メガミデバイスとフレームアームズ・ガールは、肌がABSプラスチックなので、クレオスの流し込み接着剤で溶かして確実に溶接して合わせ目を消します。

その後にプライマーを塗ってからフレッシュサフで軽く合わせ目を暈して本塗装します。

ベースはシャドーフレッシュでシャドーを軽くつけて、上からホワイトフレッシュでハイライト。

メガミデバイス バレットナイツ ランサー  肌

■肌塗装のポイント

甲冑やスーツと肌の境界線にシャドーを入れて立体感を出す。

メガミデバイスの肌の化粧
基本は上から見て広い面にハイライト、下から見てエッジにシャドーと考えます。

ランサー子の髪のグラデーション塗装。

マゼンタをシャドーにしてブリリアントピンクで濃くしていく塗装。

ランサー 髪グラデーション塗装
ランサー 髪グラデーション塗装
ランサー 髪グラデーション塗装
シャドーとハイライトをわかりやすく撮影。
最終的な色合いは、上の画像の様になりました。
毛先にシャドーをハッキリ残すのが私流。

シャドーは赤いピンク、トップにいくにしたがって桜色になるようにハイライトを入れる。

シャドーの下地はガイアの原色マゼンタ。

今回のグラデーションの出来は過去最高のものになりました。

使っている色は3色ですが、調色して6色にしてグラデーションを重ねました。

ガイアカラー
髪のピンクは3色で調整。左からシャドー。

髪のピンクは3色で調整。左からシャドー。

BULLET KNIGHTS ランサー ハイヒール
コーラルピンクを下地にブリリアントピンクをランダム塗装。

ヒールの色で若い女子感を出しました。

過去に制作したランチャーが赤ヒールだったのは大人っぽくしたかったから。

今回のランサー子は幼い感じを残したかったのでピンクにしました。

キャラクターモデルの面白いところは、こういう細かい所で雰囲気が変わります。

背中のジョイントアームは鮮やかなカラーで塗装。

ランサー子の背面ジョイントは設定より明るめの青にしました。

彩度が明るい色の方が少女っぽさを演出できるので。

大きな改造など一切なしのカラーパターンだけで、少女パワー全開を演出させようと思う。

メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランサー ジョイント
ガイアカラーで塗装
ガイアカラーの風蒼にピンク系を若干混ぜています。(5%くらい)

メタリック塗装は使い分ける。

ランサー子でメタリック系の塗装箇所は、スプーンと腕輪などのゴールドの部分。

まず、スプーンとフォークはメッキシルバーもどきで塗装。

下地をあえて黒サフ止まりにすることで、メッキではなく金属ぽい質感を狙っています。

メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランサー フォークとスプーン
使用塗料はガイアノーツの安い方のメッキシルバー

ステンレスシルバーなどでも良かったのだけど、この質感は水性塗料のメッキシルバーで出る質感。

ゴールドの部分は下地黒サフの上に、クレオスの百式ゴールドを塗装しました。

GXゴールドではない理由は、ガンプラを作らなくなって百式ゴールドが眠っていたから。

メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランサー 金
百式ゴールド。

ランサー子の槍

メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランサーのランス

モナカ形状のランサーの槍は丁寧に合わせ目を消して、パテでヒケを埋めました。

結構ヒケがあったので、武器のカッチリとした質感を出すためにも表面処理は必須工程だと思います。

メガミデバイス LANCERのマスキング
武器の塗分けマスキング
コトブキヤ ランサー 塗り分け 塗装
ランスの胴体を塗り分けているところ。
メガミデバイス バレットナイツ ランサー
細かい所もシタデルで筆塗り。
メガミデバイス バレットナイツ ランサー 塗装と改造

ランサーも水転写デカールは破れやすい

メガミデバイス ランサー
水転写デカールを貼りました。

昔からそうなのですが、コトブキヤの水転写デカールは薄いのは良いことだけれど、品質が悪くて破れやすいですね。

ハイキューパーツ製などのデカールの品質が良すぎるってのもあるのですが、普段からガンダムデカールやカルトグラフ製のデカールに慣れていると苦労します。

コトブキヤの水転写デカールをうまく貼ることができれば、大概何でも綺麗に貼れるようになると思います。

ランサーのシールド
シールドにもデカールを貼りまくる。
タミヤのパールクリアー
並んでいる瓶はガイアノーツから頂いた塗料

最初はガイアのプレミアムガラスパールを使っていたのですが、途中でなくなったのでタミヤのパールクリヤーで代用しました。

というかタミヤの方が良い発色をしました。

パール塗料で悩んでいる方がいれば、タミヤのパールクリヤーをお勧めします。

今回はここまでで、次回は完成記事です。

完成したランサー子は、提供してくれた方に差し上げたいと思っています。

今後のことで

以前にも書きましたが、ボスと立ち上げたこの会社。

5年間、欧州市場への輸出入と国内では模型のマニュアルやサンプル制作、プロモデラーからの代行委託業などを行ってきました。

最近ではお陰様で海外での業務が90%になりました。

国内でキャラクターモデルばかりのホビー関係業務を熟してきたのですが、ステージが西欧州となると違ってきます。

それは、欧州人は日本人と考え方や価値観が違うので女の子のキャラクターモデルなんかは、まず流行らないです。

それに加えて国内ホビー業界も市場縮小。

さらには日本社会に対する住みにくさや不満から国内での活動は終了します。

今後は、貿易業でコネを作った西欧州市場で今まで通りの輸出入(スケールモデル)に加えて、新たにコンサルと製作業などを行います。

私はセミリタイアして妻と細々と過ごしたいので、今後はボスと後輩に一切の業務を任せる予定です。(ボスの希望で会社に席はおきます)

故に、今回のランサー子と委託されている分で、自身のキャラクターモデルの制作は一旦終止符を打ちます。

特異なジャンルは仕事で作り続けてきたキャラクターモデルなのですが、本当はスケールモデルが好きなのでスケールモデルを作ろうと思います。

まあ、妻がキャラクターモデルを作ることや気になるキットもあるので、気が向いたらまた一緒に作るかも知れません。