ぷちりっつ Fate/Grand Order キャスター/ネロ・クラウディウス 制作記1

ぷちりっつ Fate/Grand Order キャスター/ネロ・クラウディウス制作期1です。

先日、以下のツイートをしました。

このキットは塗装しないと物足りない姿にみえるので、簡単な塗装で実際に作ってみようと思います。

特に剣なんか塗装した方がいいですよね。

Fate/Grand Orderを知らないのに買った理由

私は、Fate/Grand Orderというアニメを全く知りません。

それでもFate/Grand Order キャスター/ネロ・クラウディウスというキャラクターモデルを購入した理由は、髪のグラデーション手軽に塗れそうという動機が殆ど。

あとTwitterでも言いましたが、この「ぷちりっつ」シリーズは箱のデザインが個人的に好きなので。

ぷちりっつシリーズは「塗装、接着、ニッパー」不要というメーカーの謳い文句は真実なのかというものも試したかったです。

ぷちりっつ Fate/Grand Order キャスター/ネロ・クラウディウス

買った当時はシールダーとネロだけで、ジャンヌは発売されていませんでした。

ランナー数は少ないけれど、開封と仮組後の感想

ぷちりっつを開封から仮組してして思ったことを以下に書きます。

開封してランナーの数は少なめだと感じましたが、仮組して思ったのが合わせ目とか塗分けとか多いという印象です。

合わせ目は、ツインテールと胴体と両脚に真っ二つに入ってます。

塗り分けはシールで対応しているんですが、武器等はシールすらついてません。

箱絵と同じ様なカラーリングにするには、ブラックに塗装が必要です。

さらに塗り分けは細かいパーツで大変なので、価格が上がってもランナー追加で対処してほしかったですね。

ぷちりっつ Fate/Grand Order キャスター/ネロ・クラウディウス
ストレート仮組

「塗装、接着、ニッパー」不要という謳い文句は本当ですが、条件があります。

それは、「素組であまり見た目を気にしない人」に限られます。

このキットはタッチゲート式なのでゲート跡が気になりますし、合わせ目も目立つ箇所に思いっきり入っています。

また、色分けも微妙。

キャラクター愛で買うような人は、部分塗装だけでも行いたいレベルだと思います。

以上の理由から、「ぷちりっつ」は上級者のテクニックを求められるキットではないかと思います。

少し塗装できるレベルの初心者が、「箱が可愛いし小さいので部品が少ない、バンダイ製なので簡単安心に作れる」と思って購入すると大変。

簡単にできるのをイメージして家に帰って作ったら、きっと制作レベルの高さに驚くでしょう。

プラモデルでも髪は女の命。合わせ目消しを確りとやる

プラモデルでもキャスター・ネロは女の子なので、髪は女の命です。

このキット、先ずは後ろ髪のパーティングライン消しをしました。

その次に接着剤でツインテールの合わせ目を消し、凹んでいる箇所をパテを使って埋めました。

髪パーツ全体の表面処理は、最初は板ヤスリをRに沿って軽く慣らして掛けました。

最終的な仕上げは、3Mスポンジヤスリで念入りに行いました。

ぷちりっつ キャスター/ネロ・クラウディウス 髪
髪の毛をヤスリで削る
ぷちりっつ キャスター/ネロ・クラウディウス 髪
ラッカーパテで埋める。
パテ類
使ったラッカーパテ類とリサイクル皿

パテで埋めるレベルのヒケはなかったのですが、合わせ目消しの補助としてラッカーパテを適当な箇所に使いました。

基本は接着剤のみで消してます。

肌や髪に対するヤスリのコツ

肌や髪に対するヤスリのコツについて書きます。

プラモデルでヤスリを掛ける時に、髪の毛なんかは作風で直線の跡を斜めに入れたりするんですが、肌は違います。

沢山の合わせ目がありました。
丁寧に作業したので、両脚なんか綺麗に消せました。

特に女性キャラクターの肌は、ヤスリの跡が付かないように軽い力で丁寧に何度も時間を掛けて行います。

ヤスリの跡が付いちゃうと見た目ガタガタになって、柔らかい女性らしい肌に見えませんよね。

コツは、ヤスリでパーツを削るというより磨くという感覚です。

ヤスリ
スポンジヤスリ類

流石バンダイ製!目立つヒケは全くなく、小さなヒケも少なかったです。

大砲はモナカで合わせ目が大変

このキットで一番面倒だった合わせ目は、モナカ形状だった「大砲」です。

接着剤で合わせ目を固めた後に、魚地球印の精密鉄ヤスリで形を変えないように慎重に処理しました。

最後はスポンジヤスリで仕上げたのですが、細かい溝などもあるので、隙間に入る小さい専用ヤスリを作る必要があります。

ただ、バンダイ製で金型の精度が高いためか「パーツ同士の合い」は非常に精度が高く、プラスチックの材質も柔らか目なので、楽に合わせ目を消せました。

ぷちりっつ Fate/Grand Order キャスター/ネロ・クラウディウス 大砲
細かいヤスリで丁寧に。
黒下地にして、クレオスのGXゴールドを塗る予定。

今回は以上ですが、この「ぷちりっつ」は素組でも楽しめるように設計されているようなので、ストレートで作ってシールでも良いと思います。

ただ、プラモデルを最大限楽しむ方法として、「工作して塗装して箱絵の見本を目指して完成させる」というのをおすすめします。

改造が好きな人も、好きな作品の作例を見て、難しくても真似したりしてチャレンジすることが大切です。

それで何度も作っている内に、少しづつ自身の成長を確認できたりして成長したときの感動が、模型を趣味で作ることの醍醐味だと思ってます。

ぷちりっつ Fate/Grand Order キャスター/ネロ・クラウディウス 大砲つき


“ぷちりっつ Fate/Grand Order キャスター/ネロ・クラウディウス 制作記1” への2件の返信

  1. タイトルが、おそらくは「製作記」 とすべきであろうところ
    製作「期」になっていますよ…

    1. コメントありがとうございます。
      誤記ですよね。こういうのすごく助かります。
      ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください