フレームアームズ・ガール フレズヴェルク 制作記3

フレームアームズ・ガール フレズヴェルク 制作記3

フレズヴェルク 脛内部パーツ
前回は素体の合わせ目消しとか記事にしましたが、今回は装甲パーツです。
中々、地獄でした。

フレズヴェルク 脛の後ハメ内部
装甲パーツの後ハメ加工。
別にココはしなくていいんじゃないかと思いましたが、個人的に合せ目が目立つ場所だと思ったのでやりました。
後ハメパーツが入るようにアーマー内部を削ったり、パーツを大きく加工して後ハメ加工しました。
これを塗装後に知恵の輪みたいに入れて組み立てます。

フレズヴェルク 脛パーツ
後ハメ加工後の仮組。

フレームアームズ・ガール スジ彫り
モールドを彫り直すスジ彫り。
元からあるモールドやモールドになりそうな箇所をスジ彫りします。
元々のキットのモールドはガンプラより少ない感じ。
フレームアームズ・ガールってスジ彫りの無い作例が多い気がするんですが、自分はスジ彫りを入れて制作したいと思ってます。
元がロボット系モデラーなので。

クリアランス フレズヴェルク
フレームアームズ・ガールは、関節の設計がギリギリでクリアランスが殆どないです。
故に、塗装するならクリアランス処理は必須になります。

フレームアームズ・ガール クリアランス処理
セラミックナイフ等でクリアランス処理してます。
コツはパーツに軽く当てて削る事と、慎重に何回もクリアランスを確認しながら作業することだと思います。
削りすぎて緩くなりすぎたら、パテかリキテックス アクリル絵具 パーマネント マット バーニッシュという薬剤を塗ればきつく調整できます。
パーマネント マット バーニッシュは、緩くなったフィギュア等のボールジョイントやガンプラのポリキャップを新品以上にキツクできる液体です。
塗布する量で微調整もできるし、塗った後も目立たないのでお勧めです。

インナーブラック
新色のインナーブラックを試したかったので、手始めに素体の脚パーツをマスキングして塗り分けてみました。
黒ゴールドっぽい色は調合が大変でした。
紫青白を調合して色味にレッドブラウンやクリアーオレンジを混ぜて作りました。
詳細なカラーレシピは完成記事に記載します。
結果、イメージ通りの色に塗れたので良かったです。

フレームアームズ・ガール フレズヴェルク 制作記の次回は塗装記事に入ると思います。
構造上、後ハメ加工が出来なくて塗装後に行わないといけない合わせ目消しや、塗り分けが多くて大変ですが頑張ります。
リゼルの記事は、誕生日後にでも載せようと考えてます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください