pioneerのイヤホンSE-CH9Tをバランスケーブル化する

イヤホンのバランスケーブル

この記事は、pioneerのイヤホンSE-CH9Tをバランスケーブル化する記事です。

SE-CH9Tの純正はアンバランス接続ですが、バランス化してバランス接続する事で真価を発揮するイヤホンだと思います。

私自身オーディオが好きですし、SE-CH9Tを持っている人の参考になればと思い、今回も執筆してみます。

SE-CH9Tをバランスケーブル化

次に、SE-CH9Tをバランス化する内容の記事です。

私が使っているDAPがONKYOのDP-S1Aなので、バランス接続する際の端子が2.5㎜なんですよね。

市場では2.5㎜端子に対応する有名なバランスケーブルが多数ありますが、今回はパイオニア純正品を使用しました。

イヤホンのバランスケーブル
DP-S1Aのバランス接続は2.5㎜なので3.5㎜と違う。
マスキングテープまいているコードは(L側)という意味です。

pioneerのバランスプラグ JAC-BM12C1という製品です。

購入の決め手は、SE-CH9T専用に設計されたバランス接続対応ヘッドホンケーブル と云うことが第一に気になりました。

あと単に価格が安かったです。

まあ、安いのでちょっとアレだと思いましたが、「純正/専用設計/割安」の3kが揃っているので、取り合えずバランスケーブルにしたい人にはおすすめだと思います。

結果、音質は良くなりました。

単に音質向上というのもあるのですが、透明感が増して音場が広がったのに落ち着きがあるという好みの音になりました。

DAP側の設計も、DP-S1Aはバランス接続に特化しているせいもあると思います。

まあ、2,3度付け直して聴き比べましたが、体感でイヤホンから多少距離を置いても違いが判るくらい差が出ました。

Pioneer SE-CH9T イヤーチップ交換
Pioneer SE-CH9Tはケーブル交換できるよう設計されている。
ヤスリで削ってツライチにしてます。
純正以外のバランスケーブルを接続する場合、本体側の加工が必要。

昔持っていたSONYのバランス化の時と同じ効果でしたね。

SE-CH9TをDP-S1Aにバランス接続すると大きな効果がハッキリでます。

Pioneer ヘッドホンケーブル φ2.5mmL型4極バランスプラグ JAC-BM12C1

コネクターシールド JAC-CS01
付属のコネクターシールド JAC-CS01で汚れが内部に入らない。

SE-CH9Tの端子が外れやすい場合の直し方

SE-CH9TのMMCX端子は、左側だけ弱いとよく聞きます。

改善する方法は、デザインナイフで雄側の端子周辺の金属を刃を少し入れて0.2㎜くらい広げてあげれば改善します。

MMCXケーブル
JAC-BM12C1は金メッキのMMCX端子を採用。
ココの横の金具を広げてやると抜けにくくなる。

純正以外では、ALO AudioのSmoky Litz Cable(ALO-5379)がおすすめです。

ALO-5379は導体材質に銀メッキ銅線を採用しているので、MMCX端子が柔らかく破損しやすいかも知れませんが、何度も付け替えしなければ問題ないと思います。

というか、オーディオはケーブルも断線とかするので消耗品です。

ALO Audioのケーブルを買うとき、接続するDAPのバランス端子サイズ()とイヤホンの端子規格に注意。

  • ALO-5348 (MMCX / 3.5mm ミニ端子)
  • ALO-5379 (MMCX / 2.5mm 4極端子)
  • ALO-5362 (MMCX / 4.4mm 5極端子)

pioneer SE-CH9Tに関しては、下記の関連記事があります。

 

Pioneer SE-CH9Tのイヤーピース交換

Pioneer SE-CH9T

私が音楽を聴くのに一番使用しているイヤホンは、パイオニアのカナル型イヤホン「Pioneer SE-CH9T」です。

今日は現在使用しているSE-CH9Tのイヤーピースを交換する時に色々あったので、それ等をまとめた記事です。

先日、下記のツイートをしました。

主にイヤーピースの適合やバランスケーブルのことが、SE-CH9Tを所持している人の中で探している情報だと思います。

その辺も実際に試して思ったことを書いてみました。

SE-CH9Tのバランスケーブルの事も後日書きますが、今回はイヤーピースが主題の記事内容です。

Pioneer SE-CH9Tを使っているけど、JVC HA-FX1500も欲しい。

SE-CH9Tは中高音がストレートに突き抜ける素晴らしいイヤホンです。

ガルパンコラボモデルのDAPレビューの記事で簡単に紹介しましたが、現役で愛用してるイヤホンになります。

今気になるのは、JVC HA-FX1100も安くなってきたので欲しいのですが、HA-FW1500がもうじき発売されますよね。

まあ、いつかはリケーブルして聞いてみたいものです。

Pioneer SE-CH9T リケーブル
Pioneer SE-CH9T

という訳で、私が使用しているのは中高音に定評があるPioneerのスタンダードSE-CH9Tなのですが、このイヤホンは確かに中高音はキレイなのですが普通のイヤホンです。

そこで音を良くするにはどうしたらよいか、という事を主題に色々と部品交換などしてみました。

パイオニア Pioneer SE-CH9T イヤホン カナル型/ハイレゾ対応 ブラック SE-CH9T-K 【国内正規品】

SE-CH9Tの適合イヤーピースは限られる

SE-CH9Tの純正イヤーピースは悪くはないのですが、普通のシリコンイヤーチップという印象で、私の場合は遮音性という面で物足りなさを感じてました。

イヤーピースを替えると音は変わります。

そこで交換したいのですが、 SE-CH9Tはイヤホン本体のノズル系が大きいので、適合するイヤーピースが限られます。

Pioneer SE-CH9T 適合 イヤーピース
SE-CH9Tは一般的なイヤホンよりノズル系が大きい。
ハイレゾ音源対応の新開発φ9.7㎜ドライバーは工芸品。
広帯域なハイレゾ再生できる9.7㎜ ドライバーを搭載している
SE-CH9Tのユニット内部。
音楽のために研究された複雑な内部構造をもつイヤホン

例えば、コンプライのものだとT-600しか対応していなく、イヤーピースを交換する際にはサイズに気を付けなければいけません。

イヤーピース(イヤーチップ)を実際に交換してみて、下の3種類が使用できました。

  • Comply T-600
  • Comply Ts-500 (無理やり付けた)
  • JVC スパイラルドット++
コンプライのイヤーピース

コンプライのTs-500はかなりキツイのを無理やり付けてみました。

アジアンフィットと云う、アジア人の耳に合うよう設計されている球体形状だからか、遮音性はT-600より優れており低音が強調される感じ。

然し、Ts-500は一度付けたらイヤホン本体から外せません。
付ける時、無理に付けているので外すとき破れます。

T-600は普通のコーン型なので遮音性はTs-500より劣りますが、専用サイズなだけ取り外ししやすいのです。

勿論、遮音性が劣る分だけ若干低音が足りない印象でした。

まあ、実用範囲ですけれどね。

Pioneer SE-CH9T
左が純正、右がコンプライ T-600

私の場合、コンプライだと無理やりTs-500を付ける方が好みの音質になりました。

取り外すときに破れますが、イヤーピースは消耗品なので割り切って使うべきだと思います。

コンプライのイヤーピースは、1ペアで1,200円前後、3ペアで3,000円前後で売っています。

SE-CH9Tにはスパイラルドット++がおすすめ。

私なりの結論はSE-CH9Tにはスパイラルドット++がおすすめです。

JVCのイヤーピースには、スパイラルドットという「++」がない品番もありますが、モノが全然違うのでスパイラルドット++がおすすめです。

恐らく一般的な価値観ではイヤーピースに4個で2,000円強は高価ですが、付け心地や音質が向上するのを考慮すると安い買い物だと思います。

中途半端なイヤーピースに投資するよりも、確実に効果が得られると思います。

JVCの最高峰イヤーピース Spiral Dot++
JVCの最高峰イヤーピース Spiral Dot++

比較レビューみたいなことを書くなら、Comply T-600も良いのですが、 スパイラルドット++ はフィット感でも負けていないし、T-600よりも高音がより綺麗にハッキリ聞こえるようになりました。

上の画像にある通り、出口にドット点を入れる細工で高音が良くなるというのは、最初は胡散臭いと思っていました。

然し、実際使ってみると体感でハッキリ判るレベルで高音質になりました。

刺さるような高音が刺さらなくなり、中音から音場が纏まって「しっとり」しているんですよね。

立体感というか解像感も全体が引き締まって、低音も落ち着いて聴こえます。

これは良いイヤーピースですよね。

取り外しに関しては、T-600の方が付けやすいが、柔らかいスパイラルドット++の方が外しやすかったです。

JVC スパイラルドット++
JVC スパイラルドット++

ただ、イヤーピースはサイズが重要で、スパイラルドット++は、「S/MS/M/ML/L」と5サイズ展開。

イヤーピースのサイズはメーカー毎に多少誤差がありますよね。

故に、ユーザーがベストなサイズを選ぶ際には、「正直、勘に頼るしかない」ので、 Comply のように単品で販売してほしいですよね。

JVCは、その辺の展開が下手ですが、それを差し引いても試して欲しい性能のイヤーピースです。

JVCってケンウッドなんですけど、正直ケンウッドは昔ミニコンポ持っていたんですけど音楽メーカーとして舐めてました。

まあ、JVC HA-FX1500は素晴らしいイヤホンだということは視聴して知りましたが、まさかイヤーチップも素晴らしい製品だとは思いませんでした。

スパイラルドット++は、JVCの音響機器を支持する人の気持ちが判る高性能イヤーピースでした。

JVC スパイラルドット++は、多くの音楽マニアの評判通り、コレ一択で良いとする高い性能のイヤーピースだと判りました。

一番感心したのは、パッケージの謳い文句に、嘘偽りは一切まいと云うことです。素晴らしいメーカーだ。

というワケで、今回はオーディオ イヤホンのPioneer SE-CH9Tに合うイヤーピースの記事でした。

そのうち自作スピーカーでも作ってみようかと思っています。

ガールズ&パンツァー コラボモデルの限定DAP、ONKYO DP-S1Aを買った!

ONKYO DP-S1A ガールズ&パンツァー コラボモデルのDP-S1A
DP-S1A
ガールズ&パンツァー コラボモデルの限定DAP、ONKYO DP-S1A、ガラスフィルムはサービス

今回は、ガルパンとコラボしたオンキョーのDAP(デジタルオーディオプレーヤー) ONKYO DP-S1A ガールズ&パンツァー コラボモデルの記事です。

未来はDAPから撤収しそうな、それでも買ったオンキョーのDAP(オーディオプレイヤー)。
この記事では、本機の特徴など簡単にレビューしたり、後半では私がなぜ音楽が好きかなどを書いてます。

DP-S1A ガルパン コラボモデルを選んだわけ

DP-S1A ガルパン コラボモデルを選んだ理由。
単刀直入に云うとDAPを所持してないのが一番の理由。

まあ、普段仕事でもあまり外出しないのですが、ヘッドホンは有線派なのでPCで聴くとケーブルが距離的に無理。スマホだと音質が寂しい。

そりゃあ、DAPが欲しくなりますよね。

それで下記が購入を決めた大きな理由です。

  • 通常版DP-S1Aを視聴して凄く良い機種だった。
  • ONKYOの音造りが自分好み。
  • 2.5㎜バランス端子で手持ちのケーブルと合っている
  • 特別仕様のUI、外観デザインが魅力的。
  • 付属品が豪華でお買い得感がある。
DP-S1A ガルパン コラボモデル
ガルパンとオーディオがミックスされた雰囲気のデザイン
DP-S1A ガルパン コラボモデルの付属品
注意書きは初期化したら特典収録曲が消えるので、先にバックアップ取れと書いています。

購入動機にガルパンってのが入ってないのですが、実はガルパンは正直どうでもよかったのです。

仕事内容がホビー系なので、知識を入れるのにガールズ&パンツァー は、Amazon Prime Videoでアニメは劇場版も含めて全話観ました。
話はそれなりに面白くてキャラは可愛いと思いますが、どうもガルパンに魅力は感じませんでした。

故に、本機はガルパン コラボだから購入したワケじゃないんですよね。

じゃあ、なぜ通常版ではなく、コラボモデルを購入したかというと、そこはブランディングじゃないですけれど。

まあ、私はキャラクターモデルの担当をさせていただいているので、出先で持ち運ぶDAPにはガルパン モデルにしておくとネタにもなるし担当者ウケがいいのかなと。

だって、ガルパンって戦車模型を促進するアニメでしょ?

まあ、ガルパン抜きにしてもね、このDAPのデザインはアニメっぽくなくカッコいいので物凄く好み。

ONKYO DP-S1A ガールズ&パンツァー コラボモデル
通常版と違ってガルパン仕様の刻印が入った背面カバー

デザインを見ただけじゃ、ガルパンとは判らないと思う。

ONKYO DP-S1A ガールズ&パンツァー コラボモデルの箱
右の魚のマークをプラモ化して欲しい!
ONKYO DP-S1A ガールズ&パンツァー コラボモデル
箱の奥にも印刷。箱自体が限定版商品ということか。

それで買った。「ONKYO DP-S1A ガールズ&パンツァー コラボモデル
もしもアイカツとかアイドルマスターのコラボだったら買わなかったと思います。

ONKYO DP-S1Aの素晴らしい質感と付属品

ガルパンモデルでなくても ONKYOのDP-S1Aは良いモデルです。

本体の起動と終了画面や壁紙10種と特別曲の収録はコラボモデルならでは。
特にオリジナル外観とオリジナルUIの出来は特別感があって素晴らしい。

レザーケースが付属。
私は革製品が好きで、靴からビジネスのカバンや財布までキャメルの革製品で揃えてるほど。多分いつもの革用クリームを塗る。

レザーケース ガルパン コラボモデル
ONKYO ガルパン コラボモデル
光の加減で色味が変わるのがキャメルの良いところ。
レザーケースの刻印
レザーケース漬けたら本体背面が見えないんだけれどね。

イヤホンもガルパン コラボモデルがある

イヤホンもガルパン コラボモデルがあります。
イヤホンも欲しかったのですが、既に同じモデルを持っていてバランスケーブルも持っていたのでDAPのみ購入しました。

今回、限定モデルとしてDAPと同時受注されたガルパン イヤホンpioneer SE-CH9のコラボモデルは、オプションのバランスケーブル込み以外はデザインとパッケージ位が特別仕様。

故に、ハイエンドでもないのに20,000円はしたくないなと。
通常版のバランスケーブルにしたものを持っているしね。

イヤホンにも拘りがある

ちなみに愛用しているイヤホンはpioneer SE-CH9です。
イヤーピースをJVCのものに交換して、ケーブルは専用のヘッドホンケーブル 2.5mm L型4極バンスケーブルに交換してます。
今欲しいイヤホンがあるとしたらSHURE SE215 Special Edition SE215SPE-B-UNI-Aかも。

pioneer SE-CH9 イヤホンでガルパンイヤホンではない
ioneer SE-CH9

開放型が好きなんですけれど、作業中に聴く場合、同僚が隣にいる場合が多いので結局カナル型なんですよね。

音響機器にはエージングってものがある?

オーディオプレイヤー。ガルパン コラボモデル

余談ですが、エイジング(エージング)について思うことを書きます。

自分はエージングについては機械的なものは殆どなく、脳のエージング(プラシーボ効果)だと思っています。

まあ、実際に機械的なエージングも有効かも知れませんし、アンプなんかには確かにエイジングはある。

エージング後は確かに耳で聴く音がエージング前より変わったように聞こえるのですけれど、自分では脳が音に慣れたと思っています。

似たような話でハイレゾについては、私はあまり拘りません。

結局、DP-S1Aガルパン コラボモデルの感想は?

DP-S1Aガルパンコラボモデルの感想は、この価格帯で音質がハイエンド。

ガルパンの内容が判らないのと同じくらい設定がよく判らないですが、同じイヤホンを使って検証してもスマホや他のDAPで鳴らせれない細かい音も鳴らせてくれています。

UIのおかしな動作もなく、凄く使いやすい機種でした。

ちなみに通常版のDP-S1Aは借りて二週間くらい視聴したことがあります。

ネットで噂のDP-S1Aの弱点であるイヤホンジャックの抜けやすさやボリュームつまみの不具合もありませんでした。

たとえそれら不具合があっても、2基搭載しているコンデンサとか高品質なのも体感で分かるし、音楽好きならば携帯で聴くよりはるかに良いと思います。

カインやソニーのフラッグシップも視聴しましたが、私はONKYOかpioneer信者なのでDP-S1Aを選びました。

実は私は大の音楽好き。

さらに余談ですが、私は学生の頃から音楽が好きでした。
社会人になってからも仲の良い友達にバンドマンなどがいました。
ライブハウスの楽屋へ行き、彼等のベースを弾いて遊んでました。
上手く鳴らせた時の、あの独特の爽快感が病みつきになりますよね。ベースは。

でも、音楽は演奏するよりも聴く方が趣味。

故に、オーディオプレイヤーやヘッドホンには自分なりに拘りをもって、それなりのものに買い替えてきました。
中学生の頃はラジカセ世代だったのですが、高校でバイトして買ったオンキョーのシステムコンポは最高。
そういう思い出もあってオンキョー信者なんですけれどね。

キャラクターモデルを作るようになってから、表面処理5時間耐久レースとかしているとヘッドホンしながら音楽を聴いています。
普段愛用しているのはPCで再生していて、DENON AH-D1100で聴いています。(AH-D1100は嫁ライブのために旅立ちました;)

大口径50mm振動板採用の10,000円以下でバランスが良い音を出せるヘッドホン。

過去に持っていたDAPはSONY

一番最初に持ったオーディオプレイヤーは今は亡きAIWAアイワのMDプレイヤー。
大手コンピュータ会社で働いてた時に会社に持って行って休憩時間に聞いてました。
ちょっと前に買ったのはSONYのウォークマン(NW-A16)で、今の会社をボスと立ち上げる前に買って、仕事の作業時や出張の移動中に大活躍。

さらにSONYのハイエンドイヤホンXBA-A3をバランスケーブルに改造して使用してました。
低音と高音のバランスが凄く良かったのを覚えています。
カナル型ですが、バランスケーブルにしたら耳に付けづらかったですね。

結局SONYは機器は悪くなかったんですけれど、音楽管理ソフトが使いづらくて辞めました。その時このセットも売りました。
今はフリーのMusicBeeというソフトでファイル管理してます。

話が長くなるので今回はここまで。

この記事の長さが証明する通り、私はオーディオ系が大変好きなのです。
で、またコレ系の記事を書くと思う。