RainbowFrog 制作環境2016

2016年現在の模型製作部屋。

2015年10月に一戸建てを建てて、仕事で使う事務所として登録しました。
2016年11月現在の制作環境です。
7.2畳の部屋でガンプラのゲート処理から塗装後の撮影とブログ更新まで全て行ってます。
この模型部屋の最大の特徴は、何といっても換気扇が2個あるという事です。

塗装ブースの換気扇
換気扇は壁を打ち抜いて2基設置しました。
模型中心の生活なので、ヤスリ専用と塗装専用という環境にしました。

ヤスリ換気扇画像はヤスリ専用の作業机で、ヒケ処理とかしても粉が部屋の中に全く舞わないので部屋が綺麗です。
部屋が綺麗なので塗装も綺麗にできます。
故にヤスリ専用換気扇は非常に価値があったと実感してます。

自作塗装ブース
こちらは2年以上使用してる自作の塗装ブース。
ダクトは150㎜で、換気扇は三菱のものを使ってます。
最近は面倒臭いのもあるのですが、良く吸うのでフィルターレスで使ってます。
外側のダンボールは、1年毎になるので交換したいところ。

プラモデル乾燥機
乾燥機はクレオスのドライブースが3台と、他には超音波洗浄機も完備。
ダイキンのエアコンで湿度とかも管理してます。

模型撮影
撮影ブース。
2015年から2016年夏まで仕事では出先のスタジオ、事務所では2階個室で撮影していたのですが、現在は全てこの制作部屋で撮影しております。
撮影機材って結構スペース取るので、照明やフレームをコンパクトに自作したり、半年くらい試行錯誤しました。
撮影機材については、別記事で書こうと思ってます。

プラモデル部屋
プライベートでも結構本気でプラモデル制作しようとして設計した部屋です。
模型製作の為の仕事部屋。
他にもクローゼットとか本棚とかあるのですが、今回は制作環境という事で、模型製作からブログ更新までのラインを紹介しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください