RG デスティニーガンダム 制作5

RG デスティニー ウイング

乾燥機
RG デスティニーガンダム 制作5
下地も終わって塗装に入りました。

RGデスティニー白装甲
RG デスティニーガンダムの白装甲パーツは、白とグレーの2色で塗っていきたいと思います。
使うのはガイアカラーのExホワイトとニュートラルグレー2。
全体にExホワイトを塗ったパーツのパネルライン一部をディテールアップも兼ねてマスキングして、ニュートラルグレー2で色分けします。
このマスキング作業が時間も掛かるし面倒臭いです。
完全に乾いてからマスキングしないと、剥がした後塗膜も剥がれます。
マスキングテープを貼る時もちゃんと貼らないと、テープの中に塗料が染み込む。
塗料の乾く時間とちゃんとテープを貼るコツは感覚的なもので経験がモノを云う。

肩パーツ塗り分け
肩パーツ。
中心のフレームはシルバーにしようかと思いましたが、肩を強調したくなかったので印象の薄いグレーにしました。

膝パーツ塗り分け
脚パーツ塗り分け
膝パーツは中心がExホワイト。
判り難いですが、塗り分けした脚のパーツ一部。
スジ彫りした小さいパネルラインはExホワイトで、その他はニュートラルグレー2。

ビームライフル塗り分け
ビームライフルもマスキングして塗り分け。

RG デスティニー ウイング
完成したウイングパーツ。
クリアーも終わってメタルパーツ待ちの状態。

RG デスティニー塗装
こちらはフレームと青、赤などのパーツ。
RGなのでパーツ点数が多く、乾燥機3台でも一度に塗装するのは難しかった。
塗装している時は、埃対策で面倒でも1回1回乾燥機の中に入れて蓋を閉めてます。

RGデスティニーガンダムの各パーツを塗装して、赤と黒のダークヒーロー的な印象を残しつつ、青と黄色を綺麗目に合わせれたのでイメージ通りの印象になりそう。
難しかったのはホワイトとグレーのバランスだった。
次は武器とか小物類(フィギュアとかアクションベース)の塗装をします。