フレームアームズ・ガール アーキテクト

フレームアームズ・ガール アーキテクト

フレームアームズ・ガール アーキテクト

フレームアームズ・ガール アーキテクト
FAG アーキテクトが完成しました。
私的には冷たいイメージのアーキテクト。
でもキット標準だと暗すぎると感じていたので、多少は明るい雰囲気にしたいと思いながら制作しました。

フレームアームズ・ガール アーキテクト
行った改修は全身の合わせ目消しとスジ彫りを中心に髪の毛の形状変更とフェイスパーツの改造が主となりました。
肝心な表情の改修は、前髪の造形変更と首元のアクセサリー追加等で明るい表情にしました。
フェイスパーツ自体を削ったり化粧や瞳のUVジェルクリアーもしましたが、今回のフェイスパーツはアイプリントを消して全塗装で仕上げてます。

出来るだけ後ハメ加工をしないでマスキング出来ない範囲も塗る為に、塗装と合わせ目消しを繰り返して制作。
関節などのクリアランスは制作中から完成後も調整確認。
ディテールアップはスジ彫りとメタルパーツやデカールだけではなく、マスキングや筆塗りによる塗り分けも説明書以上に細かい箇所に行いました。
使用したメタルパーツと水転写デカールは高品質なハイキューパーツ製です。

フレームアームズ・ガール アーキテクト
インパクトナックルとパイルバンカーなどの武器も合わせ目消しや肉埋めも行い、淡麗に製作。
塗装では髪の毛が綺麗なグラデーションになるように何度も吹き付け、装甲パーツはアニメカラーっぽくなるように濃淡に気をつけながら調色して塗装しました。
具体的に装甲パーツは3色のグレーを使ってガンプラの連邦系の様な色分けで塗装してみました。
メカニカルなイメージのアーキテクトに似合うと思います。
顔とか髪の毛も良く出来たのですが、個人的には装甲のカラーリングが自分のイメージ通り塗れて気に入ってます。

以下カラーレシピです。(塗料は何時も通りガイアノーツ)
肌=FAGカラーシャドウフレッシュ、ベースフレッシュ+プラスチックフレッシュ
髪=
白=EXホワイト
黒=インナーブラック+EXホワイト+ダークレッド微
グレー1=EXホワイトミ+ディアムブルー+ニュートラルグレーⅡ+ダークレッド微
グレー2=上記+ニュートラルグレーⅢ少量
武器金=シャンパンゴールド
武器黒=Exブラック+アイアン少+シルバー

フレームアームズ・ガール アーキテクト
過去に制作したアーテル同様に武器を作るのが非常に面倒でした。
武器のスプリングを使ったギミックは良い感じですが、趣味でナックルの時のみ飛び出さないようにしてます。
これにより手首の長さを任意の長さにしてディスプレイできるようにしてます。
パイルバンカーとクローは、通常通り勢い良く飛び出す設定。

何だかんだ云って制作が面倒だったので、もう二度と作りたくないキットの一つになりました。
素体を含めて地味に塗り分けが多いキットだったので手間は掛かりましたが、完成した姿は雄姿そのもの。
表情もイメージ通りに独特な雰囲気を出せたし、自分では可愛く作れたと思います。

大きい画像は下記サムネイルをクリックすると見れます。
オークションは日曜日からです。

フレームアームズ・ガール アーキテクト制作記6

アーキテクト 武器の合わせ目消し

フレームアームズ・ガール アーキテクト制作記6

アーキテクト 肌
塗り分けを駆使しして完成した胴体。

FAG 水転写デカール
他のパーツはスミ入れ後に水転写デカールを貼る作業をしてます。

ハンドパーツ
こちらは完成したハンドパーツ。
グレーサフ下地にしてガイアのインナーブラック+白追加です。
FAGのハンドパーツはランナーから切り取られた状態で同梱されています。
然し、パーティングラインやらバリとか凄いのでヤスリ掛けは必須作業。

パイルバンカー
今回のアーキテクト制作記のメイン記事。
武器の制作と塗装。
武器の合わせ目消しのポイントの一つ、先に内部を塗装してからの合わせ目消しするパーツ。

アーキテクト 武器の合わせ目消し
これらが合わせ目消しが必要だった武器パーツ。
ネックルの根元や爪を取り付けるレールに乗せる左右パーツなど色々ありました。

持ち手 肉埋めパテ
以前の記事であった武器の持ち手の肉抜き穴をパテで穴埋め等をしました。
マスキングしてシリンダーをシルバーで塗り分けます。
裏のモールドは新規で彫りました。

アーキテクト 武器シルバー下地
武器はシルバー下地にしてゴールドを塗ります。

アーキテクトの武器 爪
爪はゴールド系に塗装。

アーキテクト 武器黒
アーキテクトの武器の黒いパーツ群。
さり気なくメタリック系を入れて塗装してみました。
近接武器感みたいのは出たでしょうか。

武器黒
以前ガンプラ作っている時に調合したガンメタっぽい黒。
艶消しのメタリックみたいなカラー。

クリアーの在庫が切れてたので今回はここまで。
次回アーキテクト制作記は来週末位に記事を出します。
間に久々のガンプラ系の製作記事を入れるかも知れません。

フレームアームズ・ガール アーキテクト制作記5

アーキテクト 髪

フレームアームズ・ガール アーキテクト制作記5

今回のアーキテクト制作記は、髪の毛と素体完成の記事です。

アーキテクト 髪
髪の毛パーツの下地処理後。
前髪を造形変更してます。
後ろ髪は左右で微妙に形状が違います。

アーキテクト
箱絵は白味が強いですが、アニメっぽく青白系にしようと思います。
それに合わせて装甲も濃くしました。

下地青
取り敢えず下地のグラデーション塗装。
濃い青色。

下地青
ブルーホワイトをシャバシャバの状態で何度も吹き付けて乾燥の繰り返し。
少しづつ下地の青を消していく感じ。
ランニングライムは、ドライブースを低温焼付で使用して10分刻みで吹き付けました。

ブルーホワイト
重ね塗り
こういう変化。
シャドーもハイライトもエアブラシを吹く時のパーツに対する角度が重要です。
スミ入れの拭き取り方向の重要性のような感じのノウハウ。

ハイライト
ハイライトでホワイトを重ね塗り。
この時も今まで同様に乾燥させて色味を見ての繰り返し。
仕上げは半艶クリアーにする予定です。

アーキテクト 髪パーツの塗装
頭部を仮組すると大体こんな感じになりました。
やはり顔の全塗装はリアル。
暫く眺めてイメージと観察して、今後に細かい修正を行うかも知れません。

アーキテクト アームの合わせ目消し
オマケ。オプションパーツの武器のアームの合わせ目消し。
サイドと内部は先に塗装してます。
このパーツでフレームアームズとかのパーツを付けられるらしいです。
差し替えギミックってやつですね。

フレームアームズ・ガール アーキテクト制作記。
次回は週末辺り(金か土)に更新したいと思います。