初心者向きの模型用ピンセットの選び方

模型用ピンセットと初心者

今日はプラモデルで使うピンセットに関係する記事を書きます。

ピンセットといえば、細かいパーツを掴んだり、水転写デカールを貼るために使う道具ですが、沢山種類があって初心者はどれを選べばよいか判りません。

そこで今回は、私の経験からピンセットという道具の特徴から選び方や使い方など初心者向けのコツを書いていこうと思います。

プラモデル用ピンセット
ピンセットといえども沢山の種類がある。
それぞれ得意な用途も異なる。

初心者に伝えたいピンセット選びのコツ

初心者がピンセットを選ぶ場合のコツ。

ピンセットは、様々な材質やタイプがあり、初心者はどれを買ったらいいのかと悩む道具の1つでもあります。

どの道具選びでもいえる事ですが「何の作業で使うか」を念頭に入れておくと道具を選びやすくなります。

一般的なプラモデル制作でのピンセットの使い方は、細かいパーツを掴むか水転写デカールに使うかの2択だと思います。

初心者が初めてピンセットを選ぶ場合、とりあえず上記2点の要求を満たせれば使える道具であり、部品やデカールを掴み易い事に特化したピンセットということになります。

ピンセットはステンレス製がおすすめ

模型で使うピンセントの材質は、ステンレス鋼がおすすめです。

ステンレス鋼は錆びにくいので台所のシンク等の水周りにも使われています。

錆びにくい理由が必要なのは、模型製作では溶剤や水につけたりすることが多いからです。

中には高価なカーボンファイバー製のピンセット等もありますが、私は購入の必要性を感じていません。

何故なら、カーボン製ピンセットの用途は、電子部品などの非磁性を求められる精密作業などに使われるもので、プラモデルの場合は必要としないからです。

金属が苦手な方は竹ピンセット等もありますが、竹はデカールなどの薄いものが摘まみにくいので、医療用ステンレスのピンセットにするといいです。

タミヤピンセット
タミヤの精密ピンセット
先端が太いので水転写デカールには不便。

ツル首タイプがおすすめ

ピンセットの種類は大きく分けて、ストレートとツル首タイプの2種類があります。

私はツル首タイプのピンセットをお勧めします。

理由は、ストレートタイプよりも細かい隙間にパーツをハメやすいことや、水転写デカールを摘まみやすいからです。

一般的な用途でも、ストレートタイプよりツル首タイプの方が細かい物を掴みやすく作業効率が上がります。

以上の理由で、初心者で最初の1本はツル首タイプがお勧めです。

ボークスのピンセット
ボークスのドール用ピンセット

ツル首タイプは視認性が良く精度も高い

ツル首タイプは視認性が良くて精度も高いです。

その理由として、ストレートタイプとツル首タイプでは、パーツの挟み方が違います。

  • ストレートタイプ=ピンセットの直線上で挟む
  • ツル首タイプ=ピンセットの中心軸からズラして挟む

ストレートタイプは直線状でしか挟めないので、パーツやデカールを貼る位置によっては視認性が悪くなります。

その為、パーツをピンポイントで接着できなかったり、デカールがズレたりします。

一方で、ツル首タイプはピンセットの中心軸からズレてパーツを挟むので、視認性が良くて精度も高くなります。

以上の理由で、水転写デカールは貼らない、船舶模型やスケールモデルのエッジングパーツなど、細かい部品のみを使うという場合でもツル首タイプが有効です。

水転写デカールには先が細いピンセットが有効

一般的にはそこまで重要視されませんが、水転写デカールをスライドして貼り付けないタイプの場合にフォーカスをあてて書きます。

水転写デカールを上手く台紙から剥がすときには、集中力も大事だと動画でいいましたが、ピンセットの精度も重要です。

先端幅が0.3㎜以下のものがデカールを挟みやすく精度も高いです。

ホーザンP-882 ピンセット

安価なP-882もありますが、ツル首の先端が急に曲がっているため精密性に欠ける。

ホーザン P-842 ピンセット

P-842やPP-112のような緩やかなツル首タイプが扱いやすく精度が出せます。

以上、今回は初心者向けにピンセットの選び方のような内容の記事にしました。

普段ピンセットのことをあまり考えない人も参考にしてみてください。

良い道具を使いこなせるスキルも必要ですが、良い道具も必要ですよね。

スケールモデルなどの細かい模型製作をしている方は、使うピンセット1つで世界が変わります。

エアブラシのメンテナンス方法

エアブラシのメンテナンス

今回は、エアブラシのメンテナンス方法とか不具合の直し方などを書こうと思います。

先日、エアブラシの洗浄についてツイートをしました。

まず、この記事のメンテナンス方法は私が実際に行っている方法です。

ここでいう簡易洗浄とは、分解しないで「うがい/すすぎ」のみで洗浄することを指します。

今回は私なりの洗浄方法を紹介したいと思います。

また、予備知識として不具合のあるハンドピースは必ず原因があるという内容も書きました。

さらに後半には、私が絶対に中華製の激安ハンドピースを人に進めない理由も記事にしてみましたので、興味のある人は是非とも読んでみてください。

エアブラシのハンドピースの洗浄方法

先ずはエアブラシの普段のメンテナンス方法を紹介したいと思います。

エアブラシのハンドピースは、塗料を交換する時や使い終わった後に洗浄が必要です。

PS770、ドロップ式ダブルアクションPS266
エアブラシは使ったら毎回洗浄が必要。

私がエアブラシのハンドピースを洗浄する場合は下記の手順で洗浄します。

  1. 塗料を捨てる
  2. 軽くうがいをする
  3. カップの中の汚れを筆や綿棒で洗う
  4. うがいをする
  5. 溶剤を入れておく

まず最初に、塗料を捨ててからテッシュでカップの中に残った塗料を軽く拭き取って軽くうがいをします。

ニードルが曲がらないように注意する

ある程度カップの中が綺麗になったら、今度は筆や綿棒でカップの底をニードルごと拭き取るように洗います。

この時、ニードルが曲がる恐れがあるので力を当ててはいけません。

また、ニードルを外した状態でカップに溶剤を入れるのも駄目です。

ハンドピース後方に溶剤が流れていき、Oリングやパッキンが劣化します。

うがいする時はノズルキャップを緩める

筆や綿棒を使ってカップの中が綺麗になってきたら、再び洗浄用シンナーでうがいをします。

ニードルキャップ
破損防止と安全の為、ニードルキャップを緩めて、うがいをする。

うがいする時の注意点は指でハンドピースの先は押さえないこと。

うっかりノズルキャップをつけ忘れていたらニードルが刺さって怪我をします。

必ずノズルキャップを緩めてエアを出して、うがいするようにしてください。

塗料の落ちを考えてツールウォッシュを使うと良いですね。

綺麗になったら洗浄用シンナーを入れて、再度うがいをします。

うがいをしてもカップの中の溶剤が汚れなくなったら洗浄は完了。

カップの中はそのまま捨てるのではなく、エアを出して全て噴き出してからツールウォッシュを入れて保存します。

以上の流れで毎回洗浄してます。

洗浄用シンナーは業務用がお得

模型用の洗浄用のシンナー
洗浄用のラッカーシンナー

洗浄にはシンナーをたくさん使うので、洗浄用として売られている業務用シンナーを使います。

業務用の洗浄ラッカーシンナーは、16リッターで約3,000円弱で購入でき経済的です。

ただ、一般のプラモデル用のうすめ液などよりも揮発性の高い溶剤であり、換気に注意が必要です。

室内で作業する場合は、臭いが強烈なので防毒マスクの着用を推奨します。

ガイアノーツのツールウォッシュ
ガイアノーツのツールウォッシュ

溶剤は仕事で使うものなので事務所でまとめ買いしてます。

この手の溶剤や道具は、まとめて買うと割引が期待できるので、更に経済的です。

正しいハンドピースの保管方法

エアブラシを使い終わってハンドピースを保管する方法で、性能を維持するために大切なことがあります。

  • カップの中にラッカー溶剤を入れておく
  • ハンドピースの蓋は必ず閉める
  • 雑に扱わない

ハンドピースは洗浄後、ラッカー溶剤を入れて蓋を閉めて立てて保管します。

ラッカー溶剤は気化するので、週1くらいでいいので定期的に空吹きしたりして減った分を足してください。

蓋をして保管する理由は、埃の混入や溶剤の気化を最小限にするためです。

また精密機械なので、精度を保つ持つために雑に扱ったり重ねて置いたりしない方がいいです。

エアブラシは洗浄後に立てて保管する
ハンドピースは必ず立てて保管する。
クリアー用に使用している0.5㎜クレオスのハンドピース。
クリアーだけしか使わなくても定期メンテは必要。

不調のハンドピースには必ず原因がある

次に、エアブラシのハンドピースが故障したり不具合が起きた時の対処法ですね。

まずは、不具合が起きるということは必ず原因があるということを説明します。

エアブラシを使っていると、洗浄やメンテナンスを行っていても突然不調になるケースがあります。

殆どの場合は、普段の洗浄方法に問題があったり、消耗品の劣化などが原因で不調になります。

問題なのは、メンテナンスが原因で起きる不具合。

正しい分解や扱い方をしていないと、以下の問題が起こりやすいということです。

  • 接触でニードルの先端が曲がる
  • ニードルをノズルに押し過ぎてニードルの先端がすり減る。
  • 溶剤に触れてパッキンやOリングが伸びたり溶ける

私の経験上、以上の3点が自分でハンドピースを分解掃除して不調にさせてしまう原因だと思っています。

心当たりのある方は、その辺を気を付けてくれればと思います。

塗料が入るとOリングが劣化する場所
ここに塗料や溶剤が入るとパッキンが経たります。
ニードルの調整ができるツマミ
アジャスターを強く締めすぎるとニードルがすり減ったり破損の原因に。

補足として、シングルアクションやダブルアクションの違い、トリガータイプだからといった理由で壊れやすいとかはないです。

適切な扱い方をすれば、道具の寿命を延ばせます。

これは全ての道具に共通していえることです。

適切な扱い方とは、丁寧に取り扱い、説明書の指示通りの分解や組み立て順を守る事がコツです。

特にハンドピースは精密部品で構成されているので、無理な力は絶対に掛けないことが重要。

エアブラシのメンテナンス用品
保守部品として消耗品のOリングやノズル、ニードルも一式あると突然の不調でも安心。

激安エアブラシをおすすめしない理由

私が中華製などの激安エアブラシをおすすめしない訳は、3つの理由があります。

  1. 精度が悪い
  2. 耐久性がない
  3. 保守部品がない

一番重要なのは3番で、初心者にこそ伝えたいのですが、殆どの国内メーカー製エアブラシの消耗品は保守部品として購入することができます。

一方、中華製エアブラシは保守部品の販売をしていないことが殆どで、問題があると使い捨ての買い替えになります。

また、コストダウンゆえの構造上の問題で、精度が悪くて劣化も激しいと思ってください。

故に、費用対効果の面からも、国内製の1万円程度のエアブラシを購入した方が、長期的に精度を維持して使えるということになります。

古くなった部品のみを交換して新品の精度に戻すことも可能です。

故に中華製にコスパと云う考えは当てはまりません。

模型に携わる仕事をしていて、ちゃんとハンドピースを使い続けているプロならば、素人に聞かれたときは中華製エアブラシは薦めれないと思います。

相手が「すぐ壊れてもいいから激安エアブラシを教えてほしい」といった場合でも、私は中華製や長く使えないもの薦められません。

また、私の周りでも初心者の方で中華製のエアブラシを実際に使用して、長く使えている人を見た事がありません。

中華製でも保守部品のあるエアテックスのハンドピース
詰まりにくい0.5㎜口径はサフ用におすすめ

今回はエアブラシの洗浄のことやハンドピースのことを書きました。

模型関連の情報をもっと知りたい方は、Twitterのフォローをしてくれるとブログの最新情報を知ることができます。

初心者におすすめスジボリ工具

初心者とスジボリのやり方

初心者におすすめできるスジボリ工具って、どんなのでしょうかね。

先日、下記のツイートをしました。

今日は私の経験から初心者向けにスジボリ工具の選び方や、持っていた方がいい道具を選んで記事にしてみました。

スジボリはガンプラだけじゃない

スジボリと云えばスケールモデルやガンプラの改造には必須テクニックですよね。

フレームアームズ・ガールやメガミデバイスに関しては、スジボリは重要ではないと考えている方も多いのではないでしょうか。

然し、最近はSOLラプターやシタラなど、スジボリが映えるメカニカルなキットが発売されてますよね。

普段は無塗装で素組でも、軽くスジボリするだけでも完成度は大きく変わります。

この記事は、そんなスジボリを始めてみたいという初心者向きの内容になっています。

GSIクレオス Gツール GT65 Mr.ラインチゼル(上)
モデリングスクライバー けがき針 (TT1 )(下)
スジボリ堂のBMCタガネとタガネホルダー
ファンテック 斬技シリーズ スジ彫りカーバイト
多くのスジボリ用工具は、先端を交換してスジボリするラインの太さを調整できる

ちょっとだけ、スジボリのやり方やコツなども書いてたりしますが、今回は深追いはしません。

おすすめはスジボリカーバイト

いきなり書きますが、ファンテックのスジボリカーバイトは、私が一番おすすめできるスジボリ工具です。

私がメインで使っているスジボリ用の工具は以下です。

  • デザインナイフ
  • ハセガワ 精密のこぎり
  • スジ彫りカーバイト

デザインナイフは、新規スジボリをする時に「当りを付ける」役目で使います。

刃が消耗品なので、画像のような細いタイプのものがコスパが良いです。

初心者におすすめのスジボリ工具
デザインナイフ
上が細いタイプで、下が普通の大きさのデザインナイフ

精密ノコギリも上記と同じ理由で使いますが、浅いモールドや消えかかった局面モールドの掘り起しで大活躍します。

スジボリもできるハセガワ トワイライトツール エッチングソー、精密ノコギリ
必要な部分だけ切り取って使うタイプ。道具までゲートカットすることになるとは。

精密ノコギリは他にも各社ありますが、ハセガワのものは精度が高くて軽い力でコントロールできます。

そして一番使用頻度が高いのは、 スジ彫りカーバイトという製品です。

スジボリ堂のBMCタガネと同じ様な工具なのですが、入手性とコストパフォーマンスの両面で優れているので、私はカーバイトを使用しております。

滑って落とすと結構折れるので、仕事でプラモデルを作る場合は入手性の高い道具を使うのも重要です。

この辺が、カーバイトを一番おすすめできる理由です。

初めて使う初心者には、必要なものがセットになったスターターセットが割安でおすすめ。0.15mmが付いてます。

スジボリのサイズは実際にどれがいい?

フレームアームズ・ガールやメガミデバイスにスジボリするには、私は0.1㎜を主に使用していますが、まず1本選ぶなら耐久性も考慮して0.15㎜がおすすめです。

スジボリ カーバイトの種類
各サイズ1,500円前後と割安。

バリエーションとして、0.1㎜/0.15㎜/0.2㎜の3パターンがあれば、ガンプラでも何とかいけるんじゃないでしょうか。

カーバイトに限らず、多くのスジボリ工具はタングステンという固い金属でできてます。

然し、横からの力には圧倒的に弱いので、寝かしたり捻らないで真直ぐ引いて使うのがコツです。

変な扱い方をするとアルティメットニッパー並に折れます。

故に、円を彫る時は出来るだけ「超硬けがきニードル」などで彫った方が、大事な工具を折らなくて済みます。(一般的には、けがき針)

スジボリ初心者におすすめなガイド

スジボリ初心者はガイドをちゃんと使用した方が良いです。

慣れるとフリーハンドで定規を当てながらスジボリするのですが、普通はプラスチックのような硬い面にガイドなしで真直ぐ線を引けません。

素人がキャンバスにフリーハンドで正確な円を描けないのと同じですよね。

練習を繰り返せば線は引けるようになると思うのですが、最初の内は確りガイドを使ってスジボリすると良いです。

揃えた方がいい、使いやすいガイドの種類には以下のものがあります。

  • 10㎝位の金属製の定規
  • ガイドに使うテープ
  • プラ板の切れ端と両面テープ

定規は金属製(できえばステンレス製)じゃなきゃダメです。

スジボリと定規
海外で購入したステンレス製の10㎝定規

プラ製だとスジボリしているうちに定規も削れて減ります。

スジボリ用のガイドテープ
ハイキューパーツなどからも便利なガイドテープがあります

初心者がガイドに使うテープは、厚みのあるプラスチック製のテープがおすすめです。

特にビニールテープやマスキングテープだと柔らかいので、刃に簡単に負けてガイドとして役不足です。

プラ製のテープが用意できない場合、任意にカットしたプラ板(2.0㎜以下のやつ)に両面テープ(ナイスタックとか)でパーツに固定してガイドとして使うこともできます。

今回は深堀しないですが、これはスジボリのガイドテクニックと呼ばれるものです。

プラ製のガイドテープ
プラ製のガイドテープ

ガイドテープについてまとめると、ガイドに使うテープはプラ製がおすすめ。

この手のテープは粘着直が一度きりのものが多いので、一回貼ったら貼り直しはしない方がいい。

ガイドで使うテープは一度貼ったら再利用はしないで捨てましょう。

ケチるとスジボリ中にガイドがズレたりします。

ビニール製ガイドテープ
厚みがある硬めのスジボリ用ビニールテープもある。
ハイキューパーツやスジボリ堂などで手に入る。
両面テープ
ホームセンターで安い。
幅5㎜x20m 2巻入がおすすめ

自分でプラ板をカットしてスジボリのガイドとして使う場合、カットしたプラ板をパーツに固定するために使うのが両面テープ。

ついでにスジボリに揃えた方がいい工具

スジボリするのに、持ってなくても困りませんが、人によっては持っていると重宝しそうな工具を紹介します。

今回は、スジボリで使うテンプレートについて少し書こうと思います。

スジボリのテンプレート一覧
色んなタイプのテンプレートがある。やはり削れない金属製がおすすめ。
スジボリ用テンプレートの穴
金属製のテンプレートです。新規モールドで円など彫る時に便利。

テンプレートとして安価な穴の開いた定規などもでも代用できますが、厚みがあるものが多く、工作精度という面でおすすめできません。

プラモデルは一般的な図工などと違い、細かい精度が要求される工作を必要とされます。

故に、質の高い工作をする為にも模型専用に設計されたテンプレートは使い勝手が良いです。

この辺に限っては、テンプレートは模型専用のものが良いと思います。

私も色々なテンプレートを使ったり自作したりしてきましたが、最終的にハセガワ製のツールに落ち着きました。

今回は初心者におすすめのスジボリ工具の記事でした。

今後は更に具体的なノウハウなど深堀していくかもしれません。

プラモデルで使えるパテを紹介

プラモデル用のパテの種類

今日はプラモデルで使えるパテを紹介しようと思います。

ここでは実際に、うちの工房で使用しているパテや、パテの使い方/特徴などを記事にしました。

あくまで自分の使い方や使用感でレビューしてます。

プラモデル用のパテには色々な種類がある

プラモデル用のパテには色々な種類があります。

代表的なパテを挙げると、ラッカーパテ、エポキシパテ、ポリエステルパテ、瞬間接着パテなどの沢山の種類が存在します。

模型を作るに当たってジャンルを問わず欠かせないのがパテですよね。

プラモデル用のパテ
タミヤのラッカーパテ ホワイト
タミヤパテ (ホワイト) 32g

ラッカーパテはグレージングパテが優秀!

数あるラッカーパテの中でもロックペイントのグレージングパテは、うちでは使用頻度が一番高い優秀なパテです。

最大の特徴は、速乾性があって乾燥後の切断性もよく、きめ細かくてプラスチックによく馴染みます。

チューブタイプなのでコストパフォーマンスにも優れています。

ロックラッカー グレージングパテⅡ
ロックペイント ロックラッカー グレージングパテⅡ

タミヤのものよりも硬化後はヤスリなどで比較的削りやすい硬度。

ロックラッカー グレージングパテⅡ
中身はフィニッシャーズのラッカーパテと同じもの。

欠点は、パテの色が緑色なので下地塗装を行わないと緑色が透けます。

この辺の問題でタミヤ(白いラッカーパテ)と使い分けています。

価格は250g入って1,000円前後。

硬くなった古いラッカーパテを復活させる方法

フィニッシャーズのラッカーシンナー
フィニッシャーズのラッカーパテうすめ液

空気に触れたり古くて硬くなったラッカーパテを復活させる方法はあります。

ラッカーパテが空気に触れたり劣化で硬くなってきたら、ラッカー用シンナーを混ぜる事で粘度を柔らかくできます。

パテに混ぜる量は、爪楊枝等に付けて少量ずつ馴染ませるように調合するのがコツです。

パテ用のラッカーシンナー注意書き

フィニッシャーズからは、ラッカーパテ専用のうすめ液も発売されています。

タミヤなどのラッカーパテにも使えて便利です。

ポリエステルパテでは、どの製品がいい?

ポリエステルパテ(ポリパテ)とは、主剤と硬化剤の2つを混ぜ合わせて化学反応で硬化させるタイプのパテです。

硬化時間が速くて切削性が良いのが特徴。

故に、フィギュアだけじゃなくスケールモデルやガンプラまで、モデラー達に幅広く使用されています。

ウェーブ パテ革命 モリモリ低収縮タイプ 120g
ウェーブ パテ革命 モリモリ低収縮タイプ

各メーカーから沢山種類が出ていますが、Wave(ウェーブ)「パテ革命 モリモリ低収縮タイプ」という製品がおすすめです。

うちの工房では、パテ革命モリモリの低収縮タイプを瓶に入れてます。

パテ革命モリモリは、通常版でも殆ど収縮しないと思うのですが、工作精度を上げるのに低収縮タイプを使用してます。

低収縮タイプという特性を活かし、パテ造形というよりもフレームアームズ・ガールやメガミデバイスのパーツの肉抜き穴を埋めたりしてます。

バーゼラルドの武器の裏穴とか、アーキテクトのナックルの肉抜き穴とかも埋めやすいです。

モリモリくん

ウェーブ パテ革命 モリモリ低収縮タイプ は下記2種類があります。

  • 内容量40g値段1200円
  • 内容量120g値段1980円

オレンジ色の2剤を混ぜる量で乾燥時間などをコントロールできます。

ドライブースなどに入れて熱で乾燥させると早く固まります。

合わせ目消しは、瞬間接着パテが早い

プラモデルの合わせ目などは一般的な接着剤で消すのが確実ですが、時間がない場合など瞬間接着パテを使う方が多いと思います。

うちでも急いで作る趣味制作の場合は瞬間接着パテをよく使います。

その瞬間接着パテの中でもクレオスの瞬間接着パテ Mr.SSPがおすすめです。

パテ
クレオス SSP-HG MJ200 [瞬間接着パテ Mr.SSP]

このパテは瞬間接着パテなのですが、硬化後は普通の瞬着パテより柔らかいので、表面処理や合わせ目消しなどで整えやすいです。

付属の硬化促進剤と粉の量の割合で効果時間をコントロールできます。

ヒケや合わせ目の専用に使うことが多く、特に急いでいる時などに絶大な効果があります。

パテとして柔らかいので、模型の内部補強とかにもこれを使ってます。

瞬間接着パテとして扱いやすく、表面処理が綺麗に仕上がります。

こちらはガイアノーツの瞬間接着パテ。

フレームアームズ・ガールやメガミデバイスの肌(ABS)の接着に適している。

エポキシパテは造形に使える

エポキシパテ
タミヤ メイクアップ材 エポキシ造形パテ 速硬化タイプ

エポキシパテ(エポパテ)は、液状ではなく粘土状なので、造形やスクラッチに大量に使用する場合に適してます。

使い方は2種類を1つに混ぜると化学反応で硬化しだします。

エポキシパテは乾燥後の硬度が高いので切断性は劣りますが、その強度の分だけ細かいパーツの造形などに適してます。

塗装の時にラッカー溶剤で溶けるので、塗装はエアブラシを使ってサフから薄く重ねて塗ります。

スィレット 脚パーツ
空気が入らないようにパテを少量ずつ盛り付ける

今回はうちで使っているパテ達を紹介しました。

詳しい使い方やコツなど機会があれば記事にするかもです。

動画の中でも、雑誌には出ていないプラモデル制作のちょっとしたコツやノウハウなんか稀に言ってたりするので、気になる方はYouTubeチャンネルトリム帝国をチェックしてみてください。

光硬化パテは早いが難しい

光硬化パテ
タミヤの光硬化パテ

光硬化パテをいう、UVライトを当てると硬化するパテもあります。

作業で急いでいる時に瞬間接着パテを食み出せないシビアな箇所に使います。

UVで硬化する前までは、塗膜を傷めずティッシュなどで綺麗に拭き取ることができるのが使うメリットです。

切断性は良いのですが、強度は瞬間接着パテには劣り、表面処理の精度も要求されるパテだと思います。

パテを混ぜる場合にはスパチュラが便利

エポパテや一部の瞬間接着パテ等を調合する時は、混ぜて調合する必要があります。

その際に手袋を着用して作業するのが良いですが、さらにスパチュラという専用工具などを使うと造形しやすくなります。

スパチュラ
クレオスのスパチュラ

まあ、爪楊枝や割り箸などで混ぜても良いのですけれど。

スパチュラを使うと専用工具だけあって、特に造形の時は整形しやすいです。

プラ製だと劣化して長く持たないので金属製がおすすめ。

余談ですが、パテを調合する時は空の容器などを利用すると練りやすくなる。

パテに限った話だけではなく、接着剤や筆塗りの簡易パレットとしても空容器などを使い捨てで使ってます。

プラモデル初心者用におすすめするニッパーについて

初心者用のニッパー

今回は、初心者が知りたい「プラモデル用おすすめのニッパー」について書こうと思います。

今まで仕事とプライベートの両方で様々なニッパーを使ってきました。

当然、それぞれの製品には特長があって、ニッパーと云っても様々なタイプのものが存在します。

今回はそんなニッパーの中で薄刃と片刃の両方で初心者におすすめしたいプラモデル用のニッパーの事を私の意見で記事にしました。

プラモデル初心者ニッパーとして3メーカーを比較

今回紹介するプラモデル用ニッパーは、タミヤ/スリーピークス/ゴッドハンドという模型用品を販売しているメーカーさんの製品をみていきます。

初心者用のニッパーについて
アルティメットニッパー
画像はゴッドハンドのニッパー

タミヤの薄刃ニッパーは初心者向き

プラモデル用のニッパーで、まず最初に想像するものがタミヤの薄刃ニッパー。

そのくらいタミヤの薄刃ニッパーは結構有名なものだと思います。

構造はスタンダードな両刃で、現場でもスケールモデルなどを作っている人が使っているイメージがあります。

最近発売されているものは、昔に比べたら耐久性が弱くなったと聞くのですが、実際に私も新旧を比べてそう思いました。

コストカットなど、メーカーも色々事情があるのかもしれませんね。

片刃が主流の現代で両刃が使えないニッパーではなく、両刃で薄刃の特性を理解した上で購入するのはアリだと思います。

何故なら、切断スキルが片刃より要求されないので初心者向けってことです。

アルティメットニッパーは最強ではなく優秀

ゴッドハンドのアルティメットニッパーは価格の高さと切れ味だけなら間違いなく最強です。

切れ味が鋭すぎて、上手に使えばゲート跡の白化も殆どしません。

然し、ニッパーとして全体的な性能では最強とは思えません。

何故なら、刃を薄くして切れ味に特化させた分、耐久性を犠牲にしてます。

極限まで薄刃に特化したことで破損しやすいので、慎重に扱わないといけないのです。

それ故、扱いやすさも一般的なニッパーよりも確実に劣りますので、初心者用としてフォーカスした場合はピントがズレるんですよね。

だから私は「初心者におすすめできるニッパー」として、色んな初心者が使うことを考えるとアルティメットニッパーはおすすめできません。

では、どういう人におすすめできるかというと、ある程度の片刃の特性とニッパーの使い方を理解しており、丁寧に道具を扱える人にはおすすめできるかもしれませんね。

まあ、アルティメットニッパーは基本は二度切り用で使うと良いと思います。

アルティメットニッパーエッジ
ランナーの狭いゲートを切れるアルティメットニッパーエッジ

初期の頃に購入したニッパー。工房で今でも大活躍している。

3.peaksのニッパー( MK-02 )は、バランスが良い

一番のおすすめは、3.peaksという新潟県三条市にある日本のメーカーが販売しているプラスチックニッパ MK-02です。

グッドスマイルカンパニーのニッパーと同じものです。

MK-02はアルティメットニッパーと同じ片刃構造で、ゲートを綺麗に切断することができます。

切れ味はアルティメットニッパーには劣りますが、模型用ニッパーの中では鋭い切れ味なのでゲート跡をキレイに切断できます。

それでかつ耐久性が高く、価格も良心的なので万が一壊しても2,000円で出費が済みますよね。

3.peaksプラスチックニッパ MK-02
3.peaks MK-02

非常に持ちやすいグリップで、付属のプラバネを替える事で握る時の力加減を2パターンに調整できます。

刻印がMSS-41だが、モノはMK-02と同じ

ゲートカットした跡が白化したりしますが、酷い白化でもないし塗装派なら問題ないと思います。

私の妻もプラモデル初心者ですが、MK-02を使わせてます。

片刃と両刃の使い方の違い

片刃のニッパー
片刃ニッパー

片刃と両刃で切り方も違います。

両刃は真直ぐ平衡かつ均等に挟むことを心がけます。
両刃は特に水平を取りにくいので、平衡感覚と集中力が重要です。

片刃は刃がない方をガイドにしてゲートに軽く当てて水平を取ります。
ゲートを切断する時は、まな板で包丁を落とすような感覚。
ガイド側を動かさずに刃の付いた方で切り落とすという感じですかね。

ニッパーの使い方

ニッパーは使い手次第で、扱い使いやすさ/ゲート切断時の精度/耐久性までも変わってきます。

そういう事情からニッパーのレビューなどは「使える/使えない」と意見が分かれたりします。(サクラや妨害レビューを除く)

ニッパーの持ち方は色々あって、基本は自分の利き腕に合ったものを力を入れないで使います。
他には右利きや左利き用など。
持ち難い/疲れるなど大抵は手の筋力不足が原因。

ニッパーに限らず、模型用工具というものは「性能よりも使いやすさを優先」した方が道具を上手に使いこなせてプラモデルを上手に制作できるものです。

最後に、私がニッパーを使うときに気を付けているコツを3点ほど。

  • 対象物を斜めにねじって切らない事
  • 力を入れて切らない事
  • 切ったパーツが飛んでいく方向を予測して切る

これら3つを気を付けていると大抵は破損させないで済みます。

メンテを怠ったり不注意で不意に落としてしまうとかは論外ね。

結局、スリーピークスのニッパーが初心者におすすめです。