メガミデバイス ランサー制作途中報告2

メガミデバイス ランサー

メガミデバイス バレットナイツ ランサーの制作途中報告2です。

動画も撮っているのですが、事情で編集できないのでランサー子の完成報告はTwitterと当ブログになるかも。

動画を出すならば、バレットナイツ ランチャーと並べてお立ち台で回したり比較する動画を誰かに出してもらう形になると思います。

メガミデバイスシリーズは、両脚の合わせ目消しが大変

メガミデバイスシリーズは毎回ですが、両脚の太ももの裏などを接着剤とパテで合わせ目を消しました。

今回のランサーも当然のように改修ポイントなので、確実に消しておきます。

BULLET KNIGHTS ランサーの脚の合わせ目消し
メガミデバイスは、この部分の合わせ目消しが高難易度。
BULLET KNIGHTS ランサー サフチェック
サフと修正を繰り返し少しづつ仕上げていく。

今回のキットは、ヒケが凄かったのでサフチェックで何度か引っ掛かりました。

BULLET KNIGHTS ランサー 塗装
サフチェックだけでこれだけある。
BULLET KNIGHTS ランサー 塗装
このくらい消せば満足。
BULLET KNIGHTS ランサー 塗装
塗装後も磨いてこの後に埃と汚れを落として、最後にクリアコートしてキレイにします。

ランサーの肌塗装

ランサーの肌の塗装。

メガミデバイスとフレームアームズ・ガールは、肌がABSプラスチックなので、クレオスの流し込み接着剤で溶かして確実に溶接して合わせ目を消します。

その後にプライマーを塗ってからフレッシュサフで軽く合わせ目を暈して本塗装します。

ベースはシャドーフレッシュでシャドーを軽くつけて、上からホワイトフレッシュでハイライト。

メガミデバイス バレットナイツ ランサー  肌

■肌塗装のポイント

甲冑やスーツと肌の境界線にシャドーを入れて立体感を出す。

メガミデバイスの肌の化粧
基本は上から見て広い面にハイライト、下から見てエッジにシャドーと考えます。

ランサー子の髪のグラデーション塗装。

マゼンタをシャドーにしてブリリアントピンクで濃くしていく塗装。

ランサー 髪グラデーション塗装
ランサー 髪グラデーション塗装
ランサー 髪グラデーション塗装
シャドーとハイライトをわかりやすく撮影。
最終的な色合いは、上の画像の様になりました。
毛先にシャドーをハッキリ残すのが私流。

シャドーは赤いピンク、トップにいくにしたがって桜色になるようにハイライトを入れる。

シャドーの下地はガイアの原色マゼンタ。

今回のグラデーションの出来は過去最高のものになりました。

使っている色は3色ですが、調色して6色にしてグラデーションを重ねました。

ガイアカラー
髪のピンクは3色で調整。左からシャドー。

髪のピンクは3色で調整。左からシャドー。

BULLET KNIGHTS ランサー ハイヒール
コーラルピンクを下地にブリリアントピンクをランダム塗装。

ヒールの色で若い女子感を出しました。

過去に制作したランチャーが赤ヒールだったのは大人っぽくしたかったから。

今回のランサー子は幼い感じを残したかったのでピンクにしました。

キャラクターモデルの面白いところは、こういう細かい所で雰囲気が変わります。

背中のジョイントアームは鮮やかなカラーで塗装。

ランサー子の背面ジョイントは設定より明るめの青にしました。

彩度が明るい色の方が少女っぽさを演出できるので。

大きな改造など一切なしのカラーパターンだけで、少女パワー全開を演出させようと思う。

メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランサー ジョイント
ガイアカラーで塗装
ガイアカラーの風蒼にピンク系を若干混ぜています。(5%くらい)

メタリック塗装は使い分ける。

ランサー子でメタリック系の塗装箇所は、スプーンと腕輪などのゴールドの部分。

まず、スプーンとフォークはメッキシルバーもどきで塗装。

下地をあえて黒サフ止まりにすることで、メッキではなく金属ぽい質感を狙っています。

メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランサー フォークとスプーン
使用塗料はガイアノーツの安い方のメッキシルバー

ステンレスシルバーなどでも良かったのだけど、この質感は水性塗料のメッキシルバーで出る質感。

ゴールドの部分は下地黒サフの上に、クレオスの百式ゴールドを塗装しました。

GXゴールドではない理由は、ガンプラを作らなくなって百式ゴールドが眠っていたから。

メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランサー 金
百式ゴールド。

ランサー子の槍

メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランサーのランス

モナカ形状のランサーの槍は丁寧に合わせ目を消して、パテでヒケを埋めました。

結構ヒケがあったので、武器のカッチリとした質感を出すためにも表面処理は必須工程だと思います。

メガミデバイス LANCERのマスキング
武器の塗分けマスキング
コトブキヤ ランサー 塗り分け 塗装
ランスの胴体を塗り分けているところ。
メガミデバイス バレットナイツ ランサー
細かい所もシタデルで筆塗り。
メガミデバイス バレットナイツ ランサー 塗装と改造

ランサーも水転写デカールは破れやすい

メガミデバイス ランサー
水転写デカールを貼りました。

昔からそうなのですが、コトブキヤの水転写デカールは薄いのは良いことだけれど、品質が悪くて破れやすいですね。

ハイキューパーツ製などのデカールの品質が良すぎるってのもあるのですが、普段からガンダムデカールやカルトグラフ製のデカールに慣れていると苦労します。

コトブキヤの水転写デカールをうまく貼ることができれば、大概何でも綺麗に貼れるようになると思います。

ランサーのシールド
シールドにもデカールを貼りまくる。
タミヤのパールクリアー
並んでいる瓶はガイアノーツから頂いた塗料

最初はガイアのプレミアムガラスパールを使っていたのですが、途中でなくなったのでタミヤのパールクリヤーで代用しました。

というかタミヤの方が良い発色をしました。

パール塗料で悩んでいる方がいれば、タミヤのパールクリヤーをお勧めします。

今回はここまでで、次回は完成記事です。

完成したランサー子は、提供してくれた方に差し上げたいと思っています。

今後のことで

以前にも書きましたが、ボスと立ち上げたこの会社。

5年間、欧州市場への輸出入と国内では模型のマニュアルやサンプル制作、プロモデラーからの代行委託業などを行ってきました。

最近ではお陰様で海外での業務が90%になりました。

国内でキャラクターモデルばかりのホビー関係業務を熟してきたのですが、ステージが西欧州となると違ってきます。

それは、欧州人は日本人と考え方や価値観が違うので女の子のキャラクターモデルなんかは、まず流行らないです。

それに加えて国内ホビー業界も市場縮小。

さらには日本社会に対する住みにくさや不満から国内での活動は終了します。

今後は、貿易業でコネを作った西欧州市場で今まで通りの輸出入(スケールモデル)に加えて、新たにコンサルと製作業などを行います。

私はセミリタイアして妻と細々と過ごしたいので、今後はボスと後輩に一切の業務を任せる予定です。(ボスの希望で会社に席はおきます)

故に、今回のランサー子と委託されている分で、自身のキャラクターモデルの制作は一旦終止符を打ちます。

特異なジャンルは仕事で作り続けてきたキャラクターモデルなのですが、本当はスケールモデルが好きなのでスケールモデルを作ろうと思います。

まあ、妻がキャラクターモデルを作ることや気になるキットもあるので、気が向いたらまた一緒に作るかも知れません。