スジ彫りにはヘッドルーペ

細かい作業の精度を上げるのに、作業前には酒を飲まないとか睡眠は確り取るとか心がけてきました。
それと同じくらいスジ彫りや1/100フィギュアの筆塗りに大事なのは、手先が器用だという事よりも対象物がハッキリ見えているかという事だと思います。
自分の場合は、特にスジ彫りをフリーハンドでやる場合、ハッキリ見えていれば曲らず綺麗に彫れます。
然し、最近は視力が落ちてきたのもあって、スジ彫りとかは特に神経を使うように。

ヘッドルーペ
LED付ヘッドルーペ。
卓上タイプと迷ったのですが、一緒に仕事をしている相棒の草ちゃんが頭に付けるタイプが良いというのでコレにしました。
Amazonで1000円くらいでした。

ヘッドルーペ レンズ
付属レンズは4枚。
倍率は「1.7×、2.0×、2.5×、3.5×」
自分には1.7か2.0で足りるかも。
勿論、3.5とか使うとスジ彫りとか溝がかなり見えます。

ヘッドルーペ
軽くて、額に着く個所は合革の様な素材で、長時間装着していても疲れない構造。
バンドを調整できるので、頭の大きな人でも多分大丈夫だと思う。

ヘッドルーペ
レンズホルダーには、2枚までレンズを装着する事ができます。
ホルダーが角度可変なので、必要に応じてレンズ1枚で使ったり2枚で使ったりと調整して使うことができる。
レンズ一枚の時は、溶接工みたいにレンズを使わない時は頭上に持ち上げて固定する使い方もできる。
LEDライトは使ってないので分りませんが、Amazonのレビューでは上場の評価でした。

ヘッドルーペとスジ彫り
ヘッドルーペとスジ彫り
1.7倍でこの見易さ。
レンズと目の隙間を調整できるので、眼鏡を掛けている人も大丈夫だと思います。
これでRGデステニーのスジ彫りが進みます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください