永遠のスタンダード。サドンデスソース

サドンデスソース
世の中にはスタンダードというものがある。
その中でも永遠のスタンダードと呼ばれているものもある。
今回は、地味にブログで好評のデスソース記事。

骨
デスソースのスタンダードと云えばサドンデスソースでしょう。ピザやタコ焼きにかけることが多いでアレです。
実は、このサドンデスソースは、1本購入毎に骨のキーホルダーが1個付いてきます。
それで画像は今まで集めた骨の数。
実は画像+7個くらいあります。
集める前からのも入れると数十個。
果たしで死ぬまで何個集めれるのか。これからは数年おきにブログで報告しよう。

今から10年以上前、ユーチュブとかも無い時代。
普通のタバスコでは物足りないくなり、以前にアメリカ在住時に知った辛いソースを探していて辿り着きました。
それで久々にスパゲティにかけたら辛くて感動したのを覚えてます。
辛い物って、暫く口にしないと味覚が正常になって辛さ耐性が減りますよね。
まあ、それでも1週間も使い続けたら慣れました。

このサドンデスソースは、Amazon.comで1,000円前後で売ってます。
うちはユーチューバー並みに通販での買い物が多いので、定期便で更に20%くらい安く購入してます。
家にあるストックは、地元のショッピングモールでセール価格700円激安で投げ売りされていたのを買ってきました。
辛すぎて誰も買わなかったのかも。

最近は新しいデスソースを仕入れていないので、今回は普段愛用しているサドンデスソースの我家の使い方を紹介したい。
折角の手作りの味が勿体ないのでデスソースを掛ける前にちゃんと味わってます。
然し、辛党なのでデスソースは必需品。
そこには申し訳ない気持ちが常にある。

親子丼
1,親子丼
出汁が美味いので鶏肉ナシの玉子だけでもOKな一品。
個人的にはデスソースは親子丼だ。

2,自家製ピザ
生地から手作りの完全自家製。
毎週火曜はピザの日です。
家に居候しているお客さんの大好物。

3,タコ焼き
ボスの大好物。
これも生地から手作りで、月1~3回の発生。
たこ焼きにもデスソースは意外とマッチしてます。
良いタコが仕入れれない時は、中身がソーセージやチーズにもなる。
正直、銀ダコより美味しい味です。

麻婆豆腐 激辛
4,麻婆豆腐
我家ではデスソースを入れて麻婆豆腐を作っているので、ノーマルでも、それなりに辛いです。
それに更にデスソースを掛けると南米チリやアジアのタイ等でも戦える辛さに。
ボスの部下の大好物。

基本、こういう手料理を食べて頑張ってプラモデルを作ってます。
今回は永遠のスタンダードの使い方を記事にしてみました。