積んでいるスケールモデルの箱を撮る(エアモデル編)

今日は事務所で積んでいるスケールモデルの箱を撮って簡単にどういうものか書こうと思います。

主にエアモデルを3つ紹介しようと思います。

後半では海外のスケールモデル事情で感じたこと、ちょっと書こうと思います。

サイバーホビー 1/32 WW.II ドイツ空軍 メッサーシュミット Bf109E-3

サイバーホビー 1/32 WW.II ドイツ空軍 メッサーシュミット Bf109E-3

私はレシプロ機が好きなのですが、Bf109という機種は先輩から頂いたもの(1/72 Revel)と福袋で当てたものの(コレ)計2セットあります。

上手くなってから作ろうと、マスクシートはEduard 1/32 Bf 109E-3 サイバーホビー用 EDUJX149をオーストリアのショップで購入しました。
日本円で300円位だったはず。

マスキングシートは自分で切るのも良いのですが、制作時間を短縮するためにマスクシートを買いました。

ボスとこの仕事をしてから普段からもビジネス視点なのか、世の中で時間が一番価値があると考えてます。

Eduard(エデュアルド)1/48 MiG-21SMT

Eduard(エデュアルド)1/48 MiG-21SMT
エデュアルド 1/48 プロフィパックシリーズ ソビエト連邦軍 MiG-21SMT

Eduard(エデュアルド)1/48 MiG-21SMT。

これも海外で買ったやつです。

ボスと何か飛行機作ろうぜってノリでスペインで買いました。

プロフィパックシリーズ ということでレジン製の武器とキャノピーのマスキングが入っています。

エアモデルってキャノピーのマスキング作業が非常に面倒臭いと思うので、マスキングシートが付属しているものをチョイスしました。

なんでMiGかというと現代機ではロシア機が好きだからです。

ちなみにMiG-21は現在でも一部の中東地域の空軍とかで使用されていたりします。

サイバーホビー 1/48 ハインケル He162A-2 サラマンダー

サイバーホビー 1/48 ハインケル He162A-2 サラマンダー。

サイバーホビーの黄色箱です。

タミヤのゼロ戦と一緒に国内で頂いたものです。

最初は作る予定がなかったのですが、以下の理由で制作意欲がわきました。

  • 完成後も金属パーツで装甲を開いてエンジンを鑑賞できる
  • 制作難易度が高く作り応えがある

要は面白そうだし、今年の年末休暇の時でも作ろうと思っています。

難しいキットを作ると制作スキルも上達するしね。

海外のスケールモデル事情で思ったこと

日本やアジア圏では「大人が美少女プラモを買う」っていうのがトレンドみたい。

私が行く西欧州辺りでは「子供がスケールモデルを買う」っていうのが、よく目につきます。

向こうの子供たちもゲームとかするんですけれどね。まだ向こうは子供達がスケールモデルを作るという文化があるみたい。

スペインのマドリッドとかでもプラモデル専門ショップがある訳です。

小さいお子さんを連れたお父さんが一生懸命戦車や戦闘機のスケールモデルを探している姿を見て、何か思いますよね。ああ、健全でいいなと。

多角的に考えれる方なら判ると思いますが、取り合えず思ったことを書きました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください