エアモデル用AKウェザリング塗料とウェザリング学習に対する私の考え

今日は私が実際にエアモデルで使っているAK社のウェザリング塗料について記事にしました。

この記事では以下2点の製品について書いてあります。

  • AK2070 WEATHERING SET PANELINERS
  • AK2030 AIRCRAFT LANDING GEAR WEATHERING SET

後半ではウェザリングを勉強するにあたっての私なりの考えを書きましたので、時間のある方は読んでみてください。

上記の2セットは、リアルなエアモデルを製作する際に欠かせない、強力なツールとなります。

また、後半ではウェザリングや勉強について、私の考えを書いてます。

AK2070 WEATHERING SET PANELINERSでパネルラインとモールドを汚す

AK2070 WEATHERING SET PANELINERS(AKウェザリング パネルライナーズ セット)は下記の5種類のエアモデルのモールドに流し込む塗料セットです。

AK2070 WEATHERING SET PANELINERS
AK2070 WEATHERING SET PANELINERS

戦闘機等の機体色別に最適な色で調合されており、非常に扱いやすい塗料です。

モールド周辺にウェザリングするだけでリアルな汚れを再現することができます。

エナメル系の塗料となりますが、タミヤのエナメル塗料と比べると何か違うような感じがします。

伸びが良く塗りやすく、拭き取る時の調整も行いやすいですが、クリアコートするまで若干ベタベタするのが特徴なのかも。

AK2030 AIRCRAFT LANDING GEAR WEATHERING SETで車軸やタイヤなどをリアルにウェザリングする

AK2030 AIRCRAFT LANDING GEAR WEATHERING SET(エアクラフト ライディングギア ウェザリングセット)は車軸に特化したウェザリングカラーセットです。

上記画像3種類のAKウェザリング塗料がセットになっております。

エアモデルの足元って、けっこう適当に汚して終わりみたいな感じでやっていました。
然し、このセットを使うようになって実物がミニチュアになったかのような汚し方が再現できています。

タイヤの埃汚れなんかリアルに再現できたりします。

基本はパネルライナーセットだけで十分

初心者が最初に揃えるエアモデル用のウェザリング塗料。

正直、AK2070 WEATHERING SET PANELINERS だけで十分と思います。

AK2070  WEATHERING SET PANELINERS

ただ、AK2030はタイヤの汚しができます。

スケールモデルは戦車車両などタイヤの汚しが必要になる場合が多い。

今後の拡張性も考慮してセットで用意しておくとバランスの良いウェザリングができるのではないでしょうか。

ウェザリングを勉強するにあたって

まず、私自身も勉強中なのですが、ウェザリングはセンスの塊の技法に見えますが、実はセンスだけではないのです。

ウェザリングには一定の基礎となるものがあります。
それらを学んだ上で、よく観察して頭でイメージすることが大切です。

そして取り合えず行動する事です。

海外の作例を参考にする

スケールモデルに関しては国内より海外モデラーの方が参考になると思います。

海外モデラーは個性豊かなモデラーばかりなので、日本のように皆が同じような作風にならないため、誰の作品か判りやすくモデラーの特徴もよく出ています。

日本って群衆主義かつ保守的じゃないですか。その辺の民族性が思い切った作品造りが出来るか否かに影響しているのかも知れません。

最初は間違ったりすると思いますが、間違いは経験値になるし、後から取り戻せます。

人生でなんでもそうですが、一番致命的なのは「行動が遅れる事」です。

とりあえず行動を起こしましょう。

参考になる本や資料

スケールモデルは実機の図面や資料など参考にして制作しますが、センスを磨くという面では、最初はカッコいいと思う人の作例を参考にして真似してみるのが一番上達が早いです。

勉強と同じ様に基本的なテクニックやちゃんとした技法は、独学や素人から引き出すよりも本で勉強するのが早いです。

エアモデルの制作やウェザリング関係の書籍は国内外で30冊は読み漁りましたが、ただ読むだけではなく「理解」して「繰り返し実践」することです。

英語や漢字の暗記と同じで頭と体の両方で覚えましょう。

私は毎日本を読むようにしてます。

勉強に投資することは、人生の貴重な時間を買うことです。

他人に教えたがらない、YouTubeや雑誌では手に入らない情報量です。

ちょっとスケールモデルの記事が続きましたが、次回は美少女プラモの記事になると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください