RG デスティニーガンダム

RG デスティニーガンダム

RGデスティニー
RG デスティニーガンダムが完成しました。

RG デスティニーガンダム完成

RG デスティニーガンダム
今回のガンプラは塗装に力を入れて制作したRGです。
全体的にガンダム系で今流行りのトーン明るめにしつつ、デスティニーのダークヒーローっぽさが失われない様に、黒と赤を上品で鮮やかになるようにイメージして塗料を調合。
今回の塗装は綺麗に塗れたのではないかと思ってます。
白い装甲部分はサフ後にガイアのExホワイトとニュートラルグレー2で塗り分け、白一色のパーツもマスキングしてパネルラインを塗り分けました。
それらの塗装による情報量アップに、更にプラ板やメタルパーツでディテールアップも加えてます。
ビームサーベルはバージョンアップしたグラデーション塗装に、1/144スケール シン・アスカのフィギュアも筆塗り。
肝心なカラーレシピですが、赤はプレミアムレッドとExホワイトに黒微少。黒はブラックとExホワイトに赤微少。・・だったような気がします。
綺麗な青はアイスコバルトブルー等色々使って作りました。・・内容は秘密にしときます。

頭部にはMMI-GAU26 17.5mmCIWS
工作として各関節の新規スジ彫りの追加、クリアランスの調整、プラ版によるディテールアップ、メタルパーツを使用しました。
間接のクリアランスの他一部関節を改造や補強した部分もあります。
一部挙げるなら、肩のビームソードの鞘の抜き差しがそのままだと厳しいので中身削ってワンタッチで取り外せるように改修とか。
まあ、キットの出来が良いので関節部分は緩み等もなく良好。

メタルパーツは多めに入れようと考えてましたが、折角上品な塗装で仕上げたのでビームライフルのスコープや各部リベット等に止めてます。
それでもメタルパーツは総計20個近く入れました。
あと、塗装前は自立できたのですが、塗装すると何故か自立できなくなったので脚のバランスをちょっといじりました。
それでフル装備を背中に背負った状態でも何とか自立できるように復活。
カメラアイはシールで光を拾って反射してくれるのでカッコいいです。

RG デスティニーガンダム&光の翼
今回は光の翼キットも同時に制作。
光の翼キットにはクリアバージョンのアクションベースと光の翼が入ってます。
アクションベースはクリアーブラックで磨りガラス風に塗装して高級感を出してみました。
光の翼はもっとキラキラさせたいので、ほんの少し蛍光クリアー吹いた後に磨いてみました。
ノーマルと変わらないのか変わるのかイマイチ分かりませんが綺麗なので良しとしてます。

RGデスティニーは塗装しないと安っぽい質感のアクションフィギュアみたいに仮組時に思いましたが、塗装するとリアルで精巧なガンプラに化けました。
今年の最新RGではないですが、完成度が高い楽しいキットででした。
RainbowFrog 2017年の第一作目は、RG デスティニーガンダムでした。
ありがとうございました。

↓RG デスティニーの画像は下記のサムネイルをクリックしてください。↓