クアトロポルテ Tipo マルチシンナーを導入しました。

Tipo マルチ シンナー

クアトロポルテ Tipo マルチシンナー を導入しました。

この記事では、クアトロポルテ ブランドのTipo マルチシンナーについて書いてます。

また、工房で使用している溶剤の事についても書いてます。

Tipo マルチ シンナー
Tipo Multi Thinner L 1000ml

Tipo マルチシンナー L 1000mlを導入しました。
クアトロポルテとは、奈良県奈良市にあるメタル、レジンキット カーモデル専門店です。

この会社の売れ筋は恐らく、Tipo マルチシンナーという高品質なラッカーシンナーでしょう。

クアトロポルテの Tipo マルチシンナーは、各社互換の薄め液として開発されたものだそうです。

クアトロポルテ Tipo マルチシンナー の特徴

クアトロポルテ Tipo マルチシンナーの特徴は下記2点だと思いました。

  • メタル塗料にメタリックマスター入れた感覚に似てる
  • エアブラシの吹きも綺麗均一で塗膜は滑らか

使ってみた特徴は揮発性が高くて塗料を確りと溶かす非常に純度が高いシンナーでした。

Tipo マルチシンナーは、エアブラシに最適なシンナーです。

Tipo マルチシンナー
Tipo マルチシンナー の密閉性が高い内蓋

高級品なフィニッシャーズのピュアシンナーやAKのラッカーシンナーに似てますが、共通しているのは溶剤が強いので塗料の粒子がきめ細かくなると云うことです。

溶剤が純粋に強いので塗料の食い付きは抜群に良く、多少厚塗りしても塗装剥がれのリスクを抑えられるといった感じでしょうか。

ただ、エアブラシで美しい塗装をする秘訣は、時間を掛けてランイングタイムをちゃんと挟んで薄く塗り重ねるところにあります。

このセオリーを守るとTipo マルチシンナーの性能を100%発揮することができます。

アクセルSはTipoマルチシンナーに代わるか

アクセル シンナー、ガイアノーツのプロユースシンナー
ガイアのプロユースシンナーと、FDKのアクセルS(左の缶)

うちの工房で使っているシンナーは、ガイアノーツのプロユースシンナーと藤倉応用化工株式会社のアクセルS35シンナーを主に使ってました。

この2つのシンナーも溶剤が強く、塗料がプラに食いつき非常に優秀です。
特に下地に使う溶剤は、プラやサーフェイサーを強力に溶かせるアクセルS35を使用しております。

Tipo マルチシンナーは、どちらかというと本塗装やクリアーコート用の仕上げ用です。

うちの工房でも仕上げ用のラッカーシンナーとして使うので、下地用では使わないと思います。

適材適所って感じでしょうか。

Tipo マルチシンナー は使えるのか?

Tipo マルチシンナーを実際に使って感想は、非常に良いシンナー溶剤です。
価格は1000mlで高価ですが、それだけの価値がある溶剤です。

何故なら、丁寧に塗装すればするほどに他のシンナーとの違いが見た目でハッキリ出てくる高品質なシンナーです。
故に塗装工程を確り真面目にする人には特におすすめできます。

特に塗料を均一にきめ細かく希釈できる溶剤なので、下地ではなく本塗装やクリアーコートで使いたいシンナーですね。

相乗効果として塗装した面がツルツルになりますので、デカールやスミ入れが楽で、光沢仕上げと相性が良いですね。

Tipo マルチシンナーは、ガンプラやフレームアームズ・ガール等のキャラクターモデルなどを作る時にも使えるシンナーだと思います。

Tipoにはツールウォッシュもある

Tipoのラインナップとしてウォッシュシンナーもあります。

ツールウォッシュはエアブラシを洗浄する際に使う必需品です。

エアブラシの塗料の洗浄には、使い古したラッカーシンナーで濯いだ後にツールウォッシュで細かい拭き取りをしています。

ガイアノーツのツールウォッシュと同じく使える高品質の洗浄剤でおすすめ。