RG ゼータガンダム制作記1

RG ゼータガンダム制作記1

RG ゼータガンダム
2017年2作目もRGに決定。
人気のゼータガンダムを作っていきます。
何年か前に購入しておいたキットです。

ゼータガンダム ヘッドディスプレイ
今回はホビージャパンの付録でゲットしていた「ゼータガンダムヘッドディスプレイベース」も作っていこうと思います。
RG デスティニーは光の翼とセットだったので、RG ゼータガンダムには専用ヘッドディスプレイベースという魂胆です。

RG ゼータガンダム
丁寧にゲート処理をしていきます。

RG ゼータガンダム
制作を開始して実際にゲート処理をしつつ仮組をして思ったキットの印象は2つ。
まずは造形が素晴らしい。これぞゼータガンダムだってくらい格好良い。
次に制作難易度が高いキットだと思いました。
多分、プラモデル初心者じゃ難しいキットでしょう。

特に設計ミスなのかパーツの強度が足りなさ過ぎというのが仮組時の印象。
変形を繰り返すと間違いなく破損するレベルの強度。
真鍮線とかで補強しようにもパーツ自体が小さくて考え物です。
まあ、パーツの強度を犠牲にして差し替え無しの変形ギミックを開発者が選択したのだと思います。

RG ゼータガンダム 破損
噂のB12パーツなので注意していたのですが、破損しました。
バンダイからランナーごと部品請求します。

RG ゼータガンダム
という事で・・RGゼータガンダムは腕のフレーム抜きで制作を進めていきます。
ゲート処理と仮組は終わったので、クリアランスのチェックとか改修作業を進めていきたいと思います。
次回はスジ彫り編。
もしかしたら、更に別キットを製作開始するかも。