MG 1/100 MS-14S シャア・アズナブル専用 ゲルググ Ver.2.0 製作記1

MG 1/100 MS-14S シャア・アズナブル専用 ゲルググ Ver.2.0 製作記1

MG  シャア専用 ゲルググ Ver.2.0 箱
MGのシャア専用 ゲルググ Ver.2.0です。
Gファイター作っていてアレですが、久々のモビルスーツタイプのMG製作と云ったところ。
Hi-vガンダムver.ka以来の様な気がします。

MG  シャア専用 ゲルググ Ver.2.0 説明書
フレームが凝った造りになってます。
特に脚とスカートの可動式バーニアや、装甲を剥がして骨組みが見える脚の脛パーツ。
バーニアは隠れる場所ですが、メタリック系でカッコよく塗りたいです。

キットのノーマルでの外見の出来は、個人的にはゲルググの決定版だと思ってます。
装甲はシンプルでモールドが少ないのがアニメのゲルググらしいですが、多少はスジ彫りでモールドを書きたいと思います。
ゲルググらしいバランスを崩さないように。

ダンモ1
いきなりですが、仮組時のついでに改修してる画像。
ダンモという工具を使用して段差モールドを書き込みました。
この工具は正確に段差モールドを施工できます。
画像下側のパーツが処理途中の画像。

段差モールド
MG シャア専用 ゲルググ Ver.2.0 ダンモ
画像の様に必要に応じて段差モールドを彫りこみました。

MG シャア専用 ゲルググ Ver.2.0 脚フレーム内部
MG シャア専用 ゲルググ Ver.2.0 脚フレーム完成
フレームは金属ぽく塗り分けました。

仮組して思ったことは、武器のライフルが持ちにくい。
昔からガンプラはザクマシンガンなど一部の武器は持ちにくいですね。
旧キットに比べたら持ち易いのですが、この辺を改修するかしないか。
多分するとアニメっぽいイメージが失われそうで難しい箇所ではあります。
ゲルググの特徴である「サーフィンのボードみたいな盾」もスジ彫りしてモールドを書き込むかどうか。
今回はメタルパーツ多めに入れて明る目のカラーリングで勝負してみたいと思います。

以下はMG 1/100 MS-14S シャア・アズナブル専用 ゲルググ Ver.2.0 仮組の画像