フレームアームズ・ガール アーキテクト制作記3

フレームアームズ・ガール アーキテクト制作記3

FAGは顔が命だと思うので、今回はフェイスパーツと髪パーツ中心の改修記事です。

アーキテクト 前髪改修前
アーキテクト 前髪改修後
先ずは前髪の改修をしました。
画像の上が改修前で下が改修後。
前髪を自分好みに形状変更しました。

アーキテクト ヘッドギア
ヘッドギアを付けてコンナ感じ。
前髪で隠れて暗い表情だったので、額の露出を増やすことで明るい表情に。
美容師みたいなことを言ってですいません。
田舎っぽいのが都会っぽくなったかな?

次は中身のフェイスパーツ改修。
今回は未塗装を含めて3種類のフェイスパーツが付属します。
表情豊かなフェイスパーツをバリエーション豊富に作ることができます。

マイクロルーター
先ずは輪郭を削りました。
個人的にキットより若干シャープの方が好みなので。
画像のマイクロルーターで削っていきます。
この作業の時に便乗して鼻や口とかも削ったり。
ルーターは、かするように削るのがポイントなのかも。
ちなみに首も長いと感じたので1㎜程度短くしてます。

FAG フェイスパーツの塗装
当たり前ですが、削った後は塗装します。
付属デカールを使いたいので顔面の全塗装。
印刷部分を程々スポンジヤスリで削り落としてからサーフェイサーで下地造りをしました。

塗装後デカール
シャドーとハイライトを入れながら肌色を塗っていきます。
口にはスミ入れ。
顔面パーツにはアールがあるので、瞳デカールはマークセッターで確り密着させてます。
乾燥時間は1日置きました。

化粧後クリアー
乾燥後にウェザリングマスターHとGで化粧を施工しました。
額と輪郭にはマロンでシャドーを入れて、頬にはサーモンで仕上げはエナメルでチークも入れました。
化粧後はクリアーコートして化粧やデカールを定着させます。

UVジェルクリアー
最後にUVジェルクリアーを使って瞳に透明感を与えます。
UVジェルクリアーは爪楊枝で点付けしてから広げるといったエナメル塗料に似た使い方。
少量を点付けして広げて、足りない分をまた追加するといった感じ。

フェイスパーツ完成
瞳に透明感が出ました。

UVライト
付属のペン型UVライトは照射が弱いので、強力なUVライトを別で買いました。

髪パーツの塗装等は次回に引っ張ります。
次回は全体的な塗装の記事になる予定です。